【メンタルヘルス】定期的に訪れる不安の正体とは?

昨日提出した書類にミスがあるかもしれない…

全然評価されていないし、今の会社で働いていてもいいのかな…

 

毎日仕事をしていると、今やっている仕事やこの先の将来のことなど、さまざまなことで不安になってしまうものですよね。

 

しかし、不安やストレスをうまく活かすことで仕事や人間関係などが徐々に改善されていくといわれています。

 

今回は、いつも不安になって悩んでしまうという方に向けて、不安のメリットや不安症をうまく活用する方法などについて書いてみます。

不安を理解する

「不安=悪いもの」と考えている方も多いのですが、不安は悪いものではなく、使い方によってはメリットにすることも可能です。

 

1998年にアメリカで3万人の成人を対象に行われた調査によると、強度のストレスがある場合には、死亡リスクが43%も高まったとされています。

 

しかし、死亡リスクが43%高まったのは、『ストレスは健康に悪い』と考えていた人たちだけだったそうで、この点から、ストレスの捉え方の重要性がわかります。

※参考 ケリー・マクゴニガル著 「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」

 

この研究から、不安やストレスをうまく活かすことができれば、仕事や人間関係などが徐々に改善されていくといわれています。

 

もちろん、不安になってなにも行動しないとそのまま落ち込んでしまうことのなってしまうので、不安をうまく利用しながら自分のやるべきことをこなしていきましょう。

 

大きなリスクに備えられる

しょっちゅう不安になってしまう人の多くは、内向的で引っ込み思案といわれています。

 

もちろん、内向的な方でなくても不安になるものですし、不安症と呼ばれる症状によって不安がちになる方も少なくありません。

 

この内向的な人は、有名な経営者の方によく当てはまるといわれています。

 

Appleの創業者であるスティーブ・ジョブスもその一人で、人と話すことよりもパソコンで作業するほうが得意だったそうです。

 

このような特徴があったからこそ、世界的な発明となるiPhoneやMacbookなどを作れたともいわれています。

 

また、ビル・ゲイツマーク・ザッカーバーグなど、名立たる経営者が内向的な性格で、不安と上手に付き合いながら多くの功績を残しています。

 

石橋を叩いて渡る

経営者は一見外交的で、バリバリ営業活動に励んでいるイメージがある方も多いと思いますが、比較的【石橋を叩いて渡る】ような人が多いといわれています。

 

ビジネスにおいて常にリスクはつきものであり、それをしっかりと考えて仕事をしないと利益を伸ばすことはできないため、当たり前といえば当たり前かもしれません。

 

・無謀な新規ビジネス
・無茶な人員増加

・過度な設備の増築

 

時には、上記のような決定をすることも必要かもしれません。

 

しかし、その中にある不安要素もしっかりと考えられる人でなければ会社を大きくすることはできないといえるでしょう。

 

逆に、内向的で不安症な方であればどんな意思決定でも慎重に判断して行うことができるため、成功できる要素が高いといえます。

 

不安に感じるのは真剣に向き合っている証拠

不安な気持ちになるのは、その物事に対し、真剣に向き合っている証拠ともいえます。

 

たとえばプロ野球選手の人が、【どうして自分は料理が下手なんだろう】って思うことはほとんどありませんよね。

 

不安に感じるのは、バッティングやピッチングなど野球に関することが中心です。

 

その人が真剣に向き合っているからこそ、そこに悩みや不安などが出てくるようになります。

 

また、真剣に向き合っている人は、たとえ望むような成果が出ていなくても魅力的に映るものです。

 

僕自身も、仕事や趣味など何か熱中している方を見るとついつい応援してしまいます笑

 

不安に感じながらも、その中で自分がやるべきことを続けていくことが重要なのかもしれません。

 

不安に感じるほど本気になれるものがある

【熱中できるものが見つからないんです‥】と悩む方も多いのですが、そういうときは、不安の種となっているものに目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

もっというと、不安に感じたときは物事に本気で取り組めるチャンスともいえます。

 

【仕事の場合】

・今の仕事のやり方を見直してみる

・転職活動を始めてみる

・新しく副業を始めてみる

【恋人を作りたい場合】

・新しい趣味を始めてみる

・出会いの場に行く

・好きな人をデートに誘う

【将来のお金について心配な場合】

・今の生活を見直して家計のスリム化を図る

・「お金をかけるところ」「切り詰めてもいいところ」をはっきりさせる

・毎月一定額を積立NISAなどの投資に回す

 

不安の種は、挙げればキリがありません。

 

いずれにせよ、自分にとって無理のない範囲で行動するのがポイントです。

 

執着の元を手放す

不安になってしまうのは、その物事に執着しているからともいわれています。

 

僕は度々「職場で評価されていないのか?」「リストラされてしまうんじゃないか」と不安になるのですが、これは今の仕事に執着していることに原因があるからだといえます。

 

周りの人から好かれたい、出世したいとは思っていませんが、それでもやはり気になってしまうのが心情です。

 

一方、仮に今の会社をあと半年で辞めると決めた場合、おそらくほとんど気にならなくなると思います。

 

常識の範囲内で仕事をこなし、転職活動に励むことになるでしょう。

 

もし辞めるつもりがなくても、このように自分の中で具体的な期限を決めておけば、過度に心配することも少なくなるでしょう。

 

仕事だけに集中して、自分が持っている不安の種を取り除いていきたいものですね。

 

不安になると細かいところに目が向くようになる

洋服を買う、タクシーを使うなど、人は1日に約35,000回の意思決定をしているといわれており、不安症な方はその都度多くの時間を使って決めているといわれています。

 

時間がかかることはあまりメリットとはいえないものの、時間をかける分、細かいところに目を向けられるようになります。

 

・セール期間でお得になっているけど、そもそもこの服って必要だったかな?

・給料も高いしスキルアップができそうな会社だけど、離職率ってどうなってるんだろう?

 

見落としがちなことも気がつくようになりますので、細かい作業をしたり、何か大事な決断をする際には、不安症や内向的な方が有利とされています。

 

ギャンブル性の高い投資を避けつつ、怪しい詐欺にも引っかかりづらいことは、資産を築くうえで重要なポイントになるといえるのではないでしょうか。

 

不安と上手に付き合おう

今回は、いつも不安になって悩んでしまうという方に向けて、不安のメリットや不安症をうまく活用する方法などについて書いてみました。

 

・不安症の方はビジネスで成功できる可能性が高い
・不安の種に目を向けることで本気になれるものを見つけることができるようになる
・慎重な判断・作業ができるほか、怪しい儲け話にもひっかかりづらい

 

不安に感じる自分を責めてしまう方も多いのですが、不安になることは必ずしも悪いものではありません。

 

自分の性格を責めずに、不安を上手に乗りこなしてみてはいかがでしょうか?

 

僕も不安なことで頭の中がいっぱいになってしまうことが多いのですが、それらをエネルギーに変えて生きていこう思っています。

 

なお、今回ご紹介した研究をもっと知りたい方は、こちらの本をチェックしてみてください。


 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA