【劣等感の向上】コンプレックスとの向き合い方

背も低いし肌も荒れている…こんなんじゃ自信なんか持てない…

 

体型や髪型など、自分のコンプレックスが原因でつらくなってしまうことはないでしょうか?

 

人によって異なりますが、コンプレックスは生きていく中で大きなストレスとなり、自信や自己肯定感を奪ってしまいます。

 

 

今回は、自分のコンプレックスを解消させる方法と、その向き合い方について解説していきますので、お悩みの方は参考にしてみてください。

主なコンプレックス

コンプレックスといってもさまざまあるので、まずは僕が抱えているコンプレックスを挙げていきます。

・内向的で基本的に人に話しかけられない

・見栄っ張りで融通が利かない

・痩せ型で貧弱そうに見える

・ニキビ跡があって堂々と人と会えない

・自分の意見をなかなか言えない

 

ほかにもたくさんのコンプレックスを抱えており、自分のことがなかなか好きになれませんでした。

 

もちろん、コンプレックスをチャームポイントとして捉えるなど、自分の受け取り方次第でコンプレックスの問題を解消させることは可能ですが、実際のところ、そんな簡単にいかないことがほとんどです。

 

 

 

そのため、「これではダメだ!どうせなら自信を持って生きていきたい!」と思い、今は上記コンプレックスの改善に向けて、できることから取り組んでいます。

 

時には諦めそうになることもありますが、「なりたい姿」をイメージしてどうにか自分を鼓舞し続けているという状況です。

 

コンプレックスがない姿

「なりたい姿」をイメージするといっても少し不透明ですよね…

 

理想の姿は若干わかりづらいので、「コンプレックスがない姿」を考えて自分のなりたい姿をイメージしてみましょう。

 

・気さくに話しかけられるようになる

・素直で柔軟な考え方ができる人になる

・悪目立ちしがちなニキビ跡を消す、あるいは薄くする

・健康的な身体になる

・状況を冷静に判断しながら自分の意見を言えるようになる

 

僕が思っているコンプレックスをひっくり返すと上記のようになります。

 

すぐに改善させるのは難しいですが、自分の体型や考え方の2つを改善させることである程度「なりたい姿」に近づくことは可能といえます。

 

たとえば、栄養バランスを考えた食事を取り続け、正しいスキンケアを行っていけば、改善させることができるしょう。

 

ただし、ニキビ跡については通常のスキンケアで治すのはほぼ不可能なので、美容外科の施術(ダーマペンなど)を受ける必要があります。

 

また、適度な筋トレを続けていけば、ボディビルダーのようにはならなくても、細マッチョくらいにはなるはずです。

 

・無理のない範囲で筋トレをする

・自重トレーニングで筋トレをする

・好き嫌いをしないで野菜や果物を積極的に取る

・美容外科の施術を受ける

 

かわいくなりたい、カッコよくなりたいと思っても、高額な費用がかかる整形手術をするのは大きなリスクが伴ううえに、手間や時間がかかります。

 

「どうしても整形したい!」と思っている方なら良いと思いますが、メイクやファッションなどでそれらをカバーすることは決して不可能なことではありません。

 

大切なのは、「自分にとってできることから始めること」です。

 

いきなり大きな目標を掲げてしまうと途中で挫折してしまうので、無理のないところから改善させていきましょう。

 

コンプレックスは簡単には解消できない

先ほども軽く触れましたが、大事なことは【昨日の自分よりも改善されている・前に進んでいる】という感覚を持つことで、過ぎ去った過去は考えないようにしましょう。

 

また、周りを見渡せば自分よりもカッコいい人やカワイイ人は山のようにいますし、てっぺんを目指したら終わりがありません。

 

どんなに人を羨んでも、欲しいものが手に入ることはないので、日々の進歩を楽しみながら続けていくのはいかがでしょうか。

 

・昔に比べたらちょっとは筋肉ついたかな…

・この1週間、目立ったニキビができなかったぞ

・胃がキリキリしたけど、嫌な上司にもちゃんと意見を言えた

 

きっと日常のどこかでこれらの感覚を持つことがあるかと思うんです。

 

それらを日記帳やグーグルカレンダーなどに書き留めておき、後から見直せるようにすると「自分は成長している!」とより強く実感できます。

 

記録を上手に活用することで、ちょっとずつ前を向いていけるようになるでしょう。

 

コンプレックスをからかってくる人には関わらない

生活する中で、余計なことを言われてしまうこともあるでしょう。

 

・そんなことやっても意味ないよ

・まだそれしかできないの?

・いい加減諦めたらどうなの?

 

自分より立場の低い人をターゲットにし、まるで呼吸するようにマウントを取ってくる人も珍しくありません…

 

たしかに傷ついてしまうかもしれませんが、それでも行動し続けていくことが重要です。

 

人によってペースは異なりますが、気づいたらそのマウントを取ってくる人も認めざるを得ないほどの結果を手に入れることができるはずです。

 

そうなればもう、その人を相手にする必要はありません。

 

結果が自分自身を守ってくれますので、目の前にあるできごとだけに目を向けて行動していきましょう。

 

コンプレックスの解消に向けて第一歩を踏み出そう

今回は自分のコンプレックスを解消させる方法と、その向き合い方について解説しました。

 

コンプレックスがなり姿をイメージする

スモールステップで取り組んでいく

馬鹿にする人は気にせず行動し続ける

 

僕自身、多くのコンプレックスを抱えていますが、改善に向けて地道にコツコツと取り組んでいます。

 

ただし、一番やっかいな発達障害に関してはこれといった改善策はなく、工夫と仕組みでどうにか折り合いをつけているという状況です。

 

人によって抱えているコンプレックスはそれぞれ異なりますが、やはり「何とかしたい!」と思うのが心情なので、無理のペースで改善に向けて取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

また、以下の本も参考になりますので、こちらも併せてチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました!

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA