【我慢は禁物】仕事の価値観を明確にしておくメリット

毎日仕事ばかりでつらいけど、ここで逃げたらダメなんじゃないかな…

 

面倒な人間関係や大量のタスクによって、精神的にまいってしまうときってありますよね…

 

僕自身、「どうしてこんなつらい思いをしなきゃいけないんだ?」と悲しくなることも多く、実際に退職届を書いて提出しようとしたことも少なくありません。

 

今回は、「仕事がつらい…」と悩んでいる方に向けて、仕事をするうえで明確にしておくことや、実際にやるべき行動について解説します。

仕事で生じる悩み

「お金を得るために働く」と考えている人もたくさんいますが、それだけでは仕事の中で発生するつらさやしんどさは乗り切れないかもしれません。

 

嫌いな仕事を長期間続けることは難しく、なかには精神的な病を抱えてしまうケースも多くあります。

 

ノルマを達成する必要がある

20代の頃、僕は営業の仕事をしていましたが、営業職にはノルマがあり、常に数字と戦わなくてはいけません。

 

ノルマが達成できないことも多く、そのたびに上司に詰められて、「早く辞めたい!」といつも思っていました。

 

3年弱続けることはできましたが、その後に転職しましたので、いくら「お金のため」と思っていても続かないのかなと思うのです。

 

合わない人と一緒に働くのはつらい

職場で働く以上、上司や先輩、同僚などさまざまな人と関わり合いながら仕事を進めていくことになります。

 

給料を稼ぐためとはいっても、自分と合わない人と一緒にいるのは正直なところストレスにしかなりません。

 

お金も必要ですが、自分にとって働きやすい環境にいること、そして夢中になれる仕事であるということが、長続きのコツのひとつといえます。

 

・仲の良い同僚や先輩、後輩がいる

・体調不良のとき、嫌味をいわれることなく休むことができる

・上司が尊敬できる

 

詳しくは後述しますが、仮に職場に仲が良い人がいる場合、年収が上がるよりも幸福度が高まるとされています。

 

モチベーションも上がるほか、仕事上のトラブルも少なくなるといわれているので、「お金以外に魅力的なものがある職場」に勤めることが重要です。

 

仕事がつらいなら「価値観」を明確にする

誰かに強制されて仕事をすることや、自分の意思に反した作業を行うことは、想像以上のストレスになってしまいます。

 

また、職場の上司に嫌われてしまったり、仲の良い同僚が転職してしまうことでも働きづらさは変わってきます。

 

そのため、自分の中にある「価値観」を明確にし、具体的にどんなことが自分のモチベーションになっているかを把握しなければなりません。

 

友人の存在を大切にしている場合

2004年、アメリカの大手世論調査会社のギャラップ社は、友人が個人の幸福度にどの程度の関係しているのかを調査しました。

 

この調査によると、職場に3人以上の友人がいる場合、人生の満足度は96%も上昇するという結果が出ています。

 

そのため、「人間関係を重視する」という価値観を大切にし、自分に合わない人がいれば転職するといった方法は決して逃げではないことがわかります。

 

自分のやりたいことを価値にする場合

自分の気持ちに正直になって、今の仕事が合っているのか、毎日を楽しく過ごすためにはどうしたらいいのかを考えてみるのも有効です。

 

・お金のことを抜きにやりたいことを書き出してみる

・周りの人とは違うことをやってみる

・あえて一人になって行動してみる

 

上記のような作業をすれば、今の仕事が自分にとって本当に価値があるのかが見えてきます。

 

現状に満足しているなら問題ありませんが、そうでないなら仕事を変えてみるのもひとつの手です。

 

大きな後悔とならないよう、自分のワガママを通すことも大事です。

 

つらい仕事を我慢して続けるとダメな理由と具体的な対策

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)などの場合は別ですが、どんなに我慢できない出来事も、時間が経てば徐々にその記憶も薄れていきます。

 

「今だけ我慢すれば大丈夫」と耐えてしまう方も多いのですが、この「今」っていったいどれくらい続くものなのでしょうか?

 

うつ病などのリスクが高まる

数日程度であれば我慢もできるかと思いますが、数年にもわたって我慢しなければいけない状況は、オリンピック選手のような精神力の持ち主でも折れてしまうといわれています。

 

心が折れると精神的に弱っていき、場合によってはうつ病や適応障害などの病になってしまうことも少なくありません。

 

・会社に行こうとすると涙が止まらなくなる

・動機やめまい、発熱などの症状が出る

・ベッドから起き上がれない

 

上記のような症状が見られる場合、メンタルクリニックや精神科への受診をおすすめします。

 

いつでも逃げられるように準備しておく

自分で我慢する期間をコントロールできない状況であればさらにストレスが増えていきますので、「いつでも自分はこのつらい状況から抜け出させる」状況を作っておく必要があります。

 

・転職活動を始める

・複数の収入源を作っておく

・職場だけでなくいくつかのコミュニティで仲の良い友だちを作っておく

 

上記のうち、どれかひとつでもやっておくと大きな安心感につながるので、ぜひ実践してみてください。

 

知識や経験を活かせることする

ま万が一会社をクビになってしまっても、これまでの知識や経験というのは無駄にはなりません。

 

RPGのように、ボス戦の前にあるセーブポイントからやり直しができるようなものです。

 

装備や魔法はもちろん、これまで培ってきた道具やスキルも全部そろった状態でもう一度チャレンジできるので、自己分析をしたうえで何か新しいことを始めてみると良いでしょう。

 

転職をする

お客さんの前でやってしまった失態も、後輩の前でしでかしてしまった過ちも、全部経験値となって再スタートを切れるのが、転職の大きなメリットです。

 

仮に今の会社に残って挽回する場合、一度失った信頼を取り戻すことから始めなければなりません。

 

マイナスからゼロの状態へ、そしてプラスの状態へともっていくことは想像以上の努力が必要といわれています。

 

今の仕事がつらいときは、自分の気持に素直になって、興味のある企業にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

 

仕事の価値観について考えてみよう

今回は仕事がつらいと悩んでいる方に向けて、仕事をするうえで気をつけること、そしてやるべき行動について解説しました。

 

・お金のことを抜きにして、今の仕事内容を考える

・「今我慢すればいい」とは考えず、「今楽しむためには」を考える

・結果を出すために何をすべきかを考えて行動に移す

 

毎日会社と自宅の往復では、身体も心も疲れてしまいます。

 

仕事がつらいと思うのは、自分が弱くてダメな人間だからというわけではなく、上司との環境や仕事内容なども影響しています。

 

仕事だけが人生ではありませんし、お金では買えない幸せもたくさんありますので、後悔のないように今の仕事について考えてみてくださいね。

 

また、以下の本も参考になりますので、こちらも併せてチェックしてみてください。


 


今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA