【発達障害の悩み解消】日々の仕事に役立つ「知的謙遜」とは?

上司から怒られてばかりで、サラリーマン自体が向いていないのかな…

先輩との関係もぎくしゃくしているし、ちょっとしたことでストレスが溜まるよ…

 

仕事に限らず、自分にとってうまくいかないことが続いてしまうとやる気やモチベーションなどはどんどん下がってしまいますよね…

 

周りの人と比べられることもあれば、自分自身の不甲斐なさを突きつけられてしまうことも少なくありません。

 

今回は、仕事がうまくいかないと悩んでいる方に向けて、うまくいかないときの乗り切り方や、自分自身と向き合うときに役立つ「知的謙遜」について解説します。

人の悩みは5種類

人によって弱点や欠点、コンプレックスなどは異なり、その種類や悩みの深さもさまざまです。

 

特に多くの人が悩むのは以下の5つとされています。

 

・健康(health)

・夢、将来(Ambition)

・お金(money)

・人間関係(Relation)

 

上記5つは、それぞれの頭文字を取ってHARMの法則と呼ばれています。

 

また、発達障害の方はさらに多くの悩みを抱えがちです。

 

具体的なものを挙げたら切りがありませんが、日々の仕事や生活で考えてみると、僕には以下のような弱点があります。

 

・言われたことをすぐ忘れてしまう

・優柔不断

・自分の意見がはっきり言えない

・コミュニケーションが下手

・新しいアイディアが浮かばない

・判断に時間がかかる

・頭の中が常に働き、作業が進まず「仕事が遅い」といわれてしまう

 

一般的に、【弱点は改善しよう】【長所を伸ばそう】といわれることも多いのですが、特にADHDやASD、LDといった発達障害の方の場合、簡単に直せるものではありません。

 

いくら長所を伸ばしても、誰もが認める突き抜けた天才ではない限り、それだけで社会生活を送ることは難しいといわれています。

 

特に集団生活に支障が出てしまうような弱点が多いと、周りの人に迷惑をかけるほか、自分に対する自信も失われてしまいます。

 

発達障害に見られる特徴に目を向ける

弱点を改善するのは簡単なことではないので、弱点を単なる特徴として捉え、自分の長所の方に目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

発達障害の方は、定型発達(普通の人)の方にはない優れた長所をたくさん持っていることが多いです。

 

・ひとつのことに集中できる
・興味を持ったものはとことん没頭できる
・普通では思いつかないアイディアを考えられる

 

会社や学校では、「融通が利かない」「ケアレスミスが多い」など、やっかみがられてしまうことも多く、自分の居場所を作れずに悩んでしまう方も少なくありません。

 

しかし、定型発達の方にはない長所も多く、それが発揮できれば周囲の評価も一気に変わるようになります。

 

発達障害の人間関係

自分と合わない人がいる場合、一定の距離を置きながら最低限の会話で済ますのが無難です。

 

職場はもちろん、学校や部活動では上司や先輩などと一緒に行動するため、少し抵抗を感じるかもしれませんが、自分の短所があまり目立たないように工夫する必要があります。

 

・怒られたら素直に謝る

・苦手なことをあらかじめ伝えておく

・頼りになる人に相談し、その人を介して仲直りする

 

サラリーマンの場合、人付き合いがうまい、集団行動を乱さないといった協調性・空気を読む力などが評価されます。

 

しかし、発達障害の方は思っていることをそのまま発言することも多く、周りから浮いてしまいがちです。

 

ますは一度「自分の弱点が目立たなくなる」工夫を行い、自分を卑下せず周りの方と付き合っていくようにしてみてくださいね。

 

発達障害の自分を受け入れる・許す

自分には弱点や欠点があると認め、そんな自分を受け入れることで、徐々にメンタルの状況は改善されていくといわれています。

 

ダメな自分を受け入れるには、セルフコンパッションと呼ばれる認知行動療法を行うのが一般的です。

 

・だれでも弱点はあるものだよ。

・みんなそれぞれ悩んでいるはずだよ

・人間だれでも不完全だから、そんなに落ち込まないで

・仕事を完璧にするために生まれてきたわけじゃないでしょ?

・上司なんてその会社でしか威張れないんだから、逆にかわいそうなんじゃないかな…

 

自分を勇気づけるフレーズをいくつか考えて、実際に紙に書き出していきます。

 

ミスをしたとき、他人が責めてくるのは仕方ありませんが、せめて自分だけは自分のことを責めないようにしたいものです。

 

なお、セルフコンパッションには以下の記事でも詳しく解説していますので、こちらも併せて試してみてくださいね。

客観性を育む知的謙遜

知的謙遜とは、【自分はまだまだ未熟だから他人を尊重しながら日々勉強していこう】というマインドのことです。

 

GAFAMのひとつであるGooglegが最重要視している要素ともいわれており、実際に社員を採用する際には、能力やスキルではなく謙虚さ責任感を重視しているそうです。

 

仕事だけではなく、恋愛や家族関係などあらゆる方面で活かせるものであり、知的謙遜のレベルが高ければ高いほどストレスなく暮らせるともいわれています。

 

単純に、周りの人たちを敬まえる人や謙虚な人というのは、年齢問わず誰からでも好かれますよね。

 

そんな知的謙遜レベルを高めていくためには、いくつかの方法とコツがあります。

 

たくさんの情報源を活用する

偏ったジャンルの情報ばかり集めてしまうと、凝り固まった思考ができあがってしまいます。

 

僕の場合は発達障害関係や心理学関係、あとは好きな漫画や小説の発売日などの情報をよくチェックしています。

 

人によって好きなジャンルは異なりますが、それだけでは思考のクセができてしまうんです。

 

専門性は高くなりますが、新たな発想やひらめきなどは生まれづらく、柔軟性も低くなってしまいます。

 

普段はチェックしないようなジャンルの情報を集めつつ、「自分はまだまだ知らないことがたくさんあるな」と自分と向き合いながらバランスを取ることが重要です。

 

自分は客観的ではないと考える

人間は常に何かしらのバイアス(思い込み)に掛かるものなので、「自分は客観的に考えられているかな?」と定期的に問いかけてみてください。

 

たとえば洋服を買おうと考えるとき、ブランドや値段、着心地などの情報を集めますよね。

 

このとき、テレビやネット、雑誌などから入ってくる口コミやレビューなどを参考にして決めるかと思いますが、これらは発信者の主観で語っていることが多いです。

 

・今シーズンは○○がおすすめ!

・最新の△△は着心地が抜群で要チェック!

・値段は安いけど■■はコスパが悪い!

 

自分が良いものだと思っていたものが悪く書かれていた場合、「このレビューは例外だ」と決めつけ、結局買ってしまうことも少なくありません。

 

このような確証バイアス(自分にとって都合の良い・関心がある情報のみを集める傾向のこと)が働くと、うまく意思決定ができなくなるほか、最終的には後悔してしまうようになります。

 

特に大事な決定をするときは、【今自分は先入観や思い込みに囚われていないかな?】と一度落ち着いて考えてみるようにしてくださいね。

 

知的謙遜を意識するのは難しい

ここまで知的謙遜に関するポイントを書いてきましたが、知的謙遜は能力・思考は簡単に身に付くものではなく、時間をかけてゆっくりと体現していくものとされています。

 

常に謙虚でいようとしていても、ついつい自分を良く見せようと知識を披露したり、不要なアドバイスをしたりして周りの人を引かせてしまうこともありますよね…

 

知的謙遜の力を伸ばそうと考えている方は、以下のような行動・思考を取り入れてみてください。

・今まで読んだことがないジャンルの本を読む

・レビューや口コミを見るときは、自分の考えと異なっているかどうかを一度考えてみる

・人から学ぶ姿勢を忘れない

 

いきなり大変なことを実践するのは難しいのですが、上記の3つならできそうですよね。

 

新卒時代のときを思い出し、どんなことでも吸収しようという気持ちで知的謙遜の力を高めてみてはいかがでしょうか。

 

発達障害だからこそ知的謙遜の知識を学んでみよう

今回は、仕事がうまくいかないと悩んでいる方に向けて、ピンチのときの乗り切り方や、自分自身と向き合うときに役立つ「知的謙遜」について書いてみました。

 

・弱点がない人はいないと思い、弱点がある自分を受け入れる

・自分の長所に目を向けて、少しずつ自分に合う環境を探していく

・「無知の知」にも通じる知的謙遜の態度や思考、習慣を身に付ける

 

誰でも欠点や弱点があり、仕事がうまくいかないと感じることもたくさんありますよね。

 

僕もADHDの特徴が発揮され、周りの人から疎まれていると悩むことも少なくありません。

 

しかし、欠点がない完璧な人もいませんので、無理のない範囲で改善させつつ、他人が持っていない素敵な長所を活かしていきましょう!

 

また、こちらの本も参考になりますので、もしよkればチェックしてみくださいね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA