【発達障害ライフハック】休みを取るべき理由と上手な休みの取り方について解説

これから仕事なのに、なぜかやる気が起きない…

せっかくの休日なのに寝過ごした…もう夕方なんて…

 

仕事だけではなく、休日もやる気が出ずにダラダラと過ごしてしまうことって多くありますよね…

 

ただ、仕事で疲れていて、身体も心も限界という場合、それは必ずしもダメな行為とはいえません。

 

特に発達障害の方は真面目で責任感が強いという素晴らしい長所を持っていることが多く、人よりも頑張りすぎてしまう傾向にあるので、大事な身体と心を守るためにもきちんとケアしましょう。

 

今回は「最近なんだか疲れが取れなくて仕事に集中できないな…」と悩んでいる方に向けて、メンタルの整え方や、集中できないときに役立つ方法などを紹介していきます。

やる気が出ないときに疑うもの

好きな趣味ならともかく、嫌な仕事や勉強であれば、やる気が起きないのは当たり前ですよね。

 

「やらなきゃいけない…!」と思えば思うほどますます動けなくなってしまい、「結局何もできなかった…」と1日が終わってしまうことも少なくありません。

 

僕自身も「やる気が出ない」状態になりがちで、自己嫌悪することも多いのですが、やる気が出ないことを単なる「甘え」の一言で片づけるのは少々危険だといえます。

 

うつ病や適応障害の可能性がある

雑誌やネットニュースなどで、芸能人やアーティストの体調不良の記事がたびたび取り上げられていますが、やる気が出ないのはその前兆といわれています。

 

・仕事に行かなきゃいけないのにベッドから起き上がれない

・出勤前に玄関の扉を開けられない

・動悸や息切れ、涙が出るなどの症状が現れる

 

やる気が出ないといっても、上記のようにその範囲は多岐にわたり、なかには日常生活に支障をきたすケースも少なくありません。

 

身体に何らかのサインが出ている場合、「甘え」などの精神論で片づけず、専門の先生に診てもらうほか、心理カウンセラーのカウンセリングなども検討してみてください。

 

やる気が出ないときは身体を休ませることに集中する

休日なのに仕事のことを考えてしまって全然休めなかった…

 

貴重な休日なのに、頭の中が苦手な仕事や上司のことで頭がいっぱいになることも多く、こうなるともう全然休んだ気がしませんよね…

 

また、休日出勤の場合は普段と同じように仕事をしなくてはならず、身体と心がフル稼働の状態で貴重な休日が終わってしまいます。

 

休日は休日らしく、自分のやりたいことや、大事な家族と過ごすことに時間を使いたいものなので、なるべく仕事のことを考えずに過ごす必要があります。

 

没頭できる趣味に打ち込む

人は暇なときに不安なことを考えやすいといわれており、実際に仕事が忙しいときは、それ以外のことを考える余裕はほとんどありません。

 

これは、脳のデフォルトネットワークが関係しているとされています。

 

このデフォルトネットワークは、主に暇になったときやボンヤリしているときに働く脳の回路で、あまり考えたくもないネガティブな情報を想起させるといわれています。

 

そのため、休日に仕事のことを思い出さないようにするためには、集中できる環境の中で何か好きなことに打ち込むことが重要です。

 

・外に出てランニングをする

・HIITなどの激しい運動をする

・スマホの電源を切り、Kindleを使って好きな本を読む

・好きな料理を作る

 

特に運動はおすすめで、走ったり飛んだりしているときに仕事のことなんて頭に浮かんできません。(油断するとケガしてしまいますが…)

 

また、スマホは便利ですが、マルチタスクを生むやっかいなツールでもあります。

 

僕自身、たとえばスマホで動画を見ているときは、無意識に仕事のことが頭に浮かんできてしまうことが多くあります。

 

読書をするならスマホではなく紙媒体の本、あるいはKindleを使って行うのがメンタル的にはおすすめです。

 

また、効果的なリフレッシュ方法については以下の記事でも紹介していますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

 

【ストレスの限界】休まずに仕事を続けるのがダメな理由

 

やる気が出る仕組みを整える

うまく仕事から離れられる時間を作り、心と身体を休ませてリフレッシュできたら、今度は仕事に集中できる仕組みづくりに目を向けていきましょう。

 

僕は仕事に取りかかる際に時間がかかるほか、ADHDの注意欠陥多動性障害のこともあり、集中して仕事に取り組めず悩んでしまうことが多いです。

 

ただ、やはり集中しないと目の前にある仕事が進まないため、やる気が出ないときはブロッキングと呼ばれる方法を使って乗り切っています。

 

ブロッキングのやり方

これは、時間ごとにやるべきタスクを割り振り、それに沿ってこなしていくという仕事術のひとつです。

 

学校で使う時間割のようなものですが、そこまで細かく作る必要はありません。

 

たとえば9時に仕事を始める場合、以下のように時間を区切っていきます。

 

①10時までにAの仕事を終わらせる

②お昼までにBの仕事を終わらせる

③14時くらいからお客さんのところに出す資料を作り、夕方までには終わらせる

 

このような形でざっくり決めていきます。

 

できるだけマルチタスクにならないないよう、Aの仕事が終わるまではBの仕事には取り掛からないようにするのがコツです。

 

ただし、急なトラブルにはすぐに対応しなければいけません。

 

そのような場合、その都度作った時間割を修正し、意識がほかの業務にいかないようにさせます。

 

それでも集中力が切れてしまった場合には、無理せずに休憩を挟んで身体と心を休めてみてくださいね。

 

やる気が出なくなる目標は立てない

ブロッキングでも同じことがいえますが、プライベートの場面でも、無理な目標を立てることはおすすめできません。

 

無茶なスケジュールになってしまいがちなうえに、どんどん時間がずれ込んでしまうので、修正するのが大変になってしまうからです。

 

また、できない自分も責めてしまうことにもつながり、自己肯定感も下がっってしまいます。

 

そのため、「少々低めの目標」を立て、スケジューリングしていきましょう。

 

「低い目標を立てても意味がないのでは?」と思う方も多いのですが、小さな目標をクリアすることで「自分はやればできるんだ!」と思えるような成功体験を積むことが重要とされています。

 

真面目な方ほど高い目標を立ててしまい、それを達成させようと無理をしてしまいがちです。

 

挫折の原因になるほか、学習性無力感になるリスクが高まります。

 

これは、自分は何をやってもダメだと思い込み、無気力になってしまうやっかいな心理状態を指す言葉です。

 

学習性無力感に陥ると、「自分は何をやってもダメだから、このまま寝てしまおう」と何もチャレンジできなくなってしまいます。

 

途中で挫折してしまわないように、達成できるような小さな目標を立て、自分のペースで取り組んでいくようにしましょう。

 

やる気が出ないときは身体を休めてリフレッシュしよう

今回は「最近なんだか疲れが取れなくて仕事に集中できないな…」と悩んでいる方に向けて、メンタルの整え方や、集中できないときに役立つ方法などについて解説しました。

 

・やる気が出ないのは甘えや怠けではなく、心の不調のサインかもしれない

・休日にリフレッシュできるように、没頭できるような趣味に打ち込む

・集中できないときは、無理のない範囲でこなせる時間割を作る

 

やる気が出ないのは、単なる甘えではなく、心が弱っているサインである場合が多いです。

 

世の中は「やる気がある人が評価され、やる気がない人はお荷物扱い」的な風潮が強く、やる気がないことを激しく叱責されてうつ症状が出てしまっている方も少なくありません。

 

身体に何らかの症状が出ている場合には、なるべく早めに病院に行って診てもらうようにしましょう。

 

また、「今はまだ大丈夫だけど、このままだと不安…」と悩んでいる方は、転職エージェントに相談してみるのもひとつの手です。

 

 

転職をする、時短勤務に変えるなど、今の状況から離れることで体調が回復することもたくさんありますので、気軽に利用してみてください。

 

なお、以下の書籍も参考になりますので、こちらも併せてチェックしてみてください。


 


 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA