【罪悪感対策】マナー違反の行動を取ってしまったときに実践すること

ルール違反だとわかってはいるものの、どうしてあんなことしちゃったんだろう…

 

ルール違反の行動をしたり、常識外れなことをしたりしてしまうと、その途端に罪悪感に苛まれてしまうようになりますよね。

 

また、自分にとって「恥ずかしい行動」を取ってしまったときも、恥や劣等感など色々な感情が混ざって自分を責めてしまうことも少なくありません。

 

今回は、自分の取った行動を後悔しなくなるようなマインドセットの作り方について書いてみます。

【罪悪感を抑えるコツ①】セコい行動は取らない

「今よりも快適に暮らしたい」「不便を感じることなく生活したい」といったことを人は誰しも思うもの。

 

しかし、自分の願いを叶えるためにはある程度のお金が必要になります。

 

たとえば、僕は昔、一円でも安いキャベツを求めて近所のスーパーをはしごするような日々を送っていました。

 

このような節約方法は貴重な時間を失うだけなのでおすすめできませんが、僕がこういう行動を取ってしまうのは、「お金がもったいない」「節約が大事」という気持ちが強かったからといえます。

 

ほかにもわずかなお金を節約するために、以下のような迷惑行動を僕は取ってしまっていました。

 

・街中でティッシュを配っている人の前を何度も往復してティッシュ代を節約する

・箸やストローなど、ご自由にお持ち帰りくださいと書いてあるものを複数個持ち帰る

 

書いていて恥ずかしくなってしまうものばかりですし、どれも基本的にマナー違反で、だれかに咎められたら謝るしかありません…

 

冷静になって考えてみても、どれも少額しか節約できないものばかりですし、その後に襲われる罪悪感を考えたら控えた方が賢明です。

 

人様の迷惑になる行動は控えて、真っ当なやり方で節約していきましょう。

 

【罪悪感を抑えるコツ②】「マナー違反の行動」を取らない

先ほど挙げた「セコい行動」のほかにも、以下のようなことも罪悪感を覚える原因となります。

 

・忙しさを理由に、会社で働く清掃員の方にあいさつをしない

・コンビニで長時間立ち読みをして、何も買わずにお店を出る

 

僕は上記のような行動を何度もしてきました…

 

別に気にすることもないという方も多いのですが、自分の中では大きな障害となり、みじめになってしまうことも多いです。

 

そのため、僕も普段はなるべく迷惑をかけないような行動を心がけているのですが、これくらいは大丈夫だろうと、ふとした瞬間に「迷惑行為」をしてしまっているときがあります。

 

・狭いエレベーターの中で会話をしてしまう

・短時間だから大丈夫と勝手に思い込み、傘袋を使わないでお店の中に入る

・周りの人がやっているからと、3~4人ほど横になって道を歩いてしまう

 

これらも全部マナー違反で、そのときは特に何も感じないものの、一人になったときに後悔してしまうようになるんです。

 

赤信号もみんなで渡れば怖くないと言いますが、怖くないのはメンタルが強めな人だけではないかと思います。

 

ルールや規律を重視して、レールから外れることを極端に恐れる豆腐メンタルの僕はなかなかそういう思考にはなれません。

 

他人がやっているから大丈夫だという理由で、他人と合わせることも控えるようにしましょう。

 

【罪悪感を抑えるコツ③】これからのことを考える

振り返ってみると、僕はこれまで大なり小なり人様の迷惑になるような行動を数えきれないくらいやっていることに気がつきました。

 

今でも気が緩むとやらかしてしまうものも多く、今後も猛省しながら生きていく必要があるといえるのかもしれません…

 

また、セルフコンパッションの中に、過去のトラウマを定期的に振り返るという方法があります。

 

過去にやってしまったことがフラッシュバックされると、人は激しい後悔の念に苛まれてしまうのですが、自ら積極的にその嫌な出来事を思い出すと逆に自分を責めなくなるようになります。

 

実際にやってみても、これはたしかに効果を実感でき、以前に比べれば後悔の念が軽くなったように思えます。

 

だれにだって一度や二度、思い出したくないトラウマや出来事があるかと思います。

 

だけど、失敗しない人間なんていませんし、状況や環境によってそれらは左右されますから、一概に自分だけが悪いということもほとんどはずです。

 

大事なことはそのようなことをしてしまった自分を受け入れて、前に進むことかと思いますので、自分を過度に責めることなく生きていきましょう。

 

なお、セルフコンパッションは以下の記事でも解説していますので、よければこちらもご覧になってみてください。

 

【仕事・人間関係改善】過度に自分を責めないようになるセルフコンパッションとは?

 

罪悪感を覚えない行動を心がけよう

今回は、自分の取った行動を後悔しなくなるようなマインドセットの作り方、そして取るべき行動について書いてみました。

 

・ルールを破ってまで節約しようとするのはご法度

・他人や周りの雰囲気に流されない

・過去は変えられないのでこれからのことを考える

 

「自分がしてしまったことを反省し、次はやらないように気をつける」といった心がけはもちろん大事なことですが、人ってけっこう気付かぬうちにマナー違反をしてしまうものです。

 

「みんなやってるし…」「これくらいなら平気でしょ?」と思いがちですが、何かに怯えながら生活するのは想像以上のストレスなので、ルールを守って暮らしましょう!

 

なお、以下の本も参考になりますので、こちらも併せてチェックしてみてください。


 


 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA