【職場に馴染めない方必見】人間関係で疲れないための方法

毎日毎日仕事に関係のない話を振られる…無視もできないし、かといって付き合うのも疲れるな…

 

直属の先輩や上司など、どうしても付き合わなければならない人というのは周りに一人くらいはいるものですよね。

 

いつも目の敵にする上司や無茶な仕事を振ってくる先輩など、いくつか心当たりがあるという方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、職場の人間関係がつらくなってしまう理由や、実際に傷つけられてしまったときに役立つ具体的な方法などについて解説していきますので、お困りの方は参考にしてみてください。

職場の人間関係がつらくなる理由

職場は仕事をする場所で、基本的に付き合う人を自由に選ぶことはできません。

 

そのため、場合によっては口調が厳しい上司にあたることも多く、以下のような注意を受けてしまうケースも珍しくありません。

 

・どうして言われたことをやってくれないの?

・それ、何度言ったらできるようになるの?

 

しかしよく考えてみれば、これは自分勝手な気持ちをただ押しつけていただけともいえます…

 

「周りにも責任がある」と考えていない

上司から注意されると、「できない自分がダメなんだ…」と落ち込んでしまいますよね。

 

反省して改善につなげていく必要はあるものの、上司が単に「期待しすぎている」ケースも多く、すべて自分の責任と捉えるのは言い難いです。

 

・無茶なスケジュールよってミスをしてしまった

・自分だけが難易度が高い作業をしていた

・そもそも上司の指示にミスがあった

状況を整理してみると、自分だけが悪いというケースはさほど多くはなく、周りにも責任があることがほとんどです。

 

少し冷静になってみると、「自分だけが悪者」という意識も薄まっていくことでしょう。

 

自分自身に過度な期待を持っている

「自分自身に過度な期待を持っている」ことも、職場の人間関係がつらくなってしまう理由のひとつです。

 

・上司からの指示は全部守らないといけないのにできなかった

・いつもの私ならできるはずなのに達成できなかった

 

上記のような考え方を持っている場合、不甲斐ない自分を受け入れることができず、ミスをするたびに恐縮してしまうようになります。

 

周囲は「別に気にすることはないよ」と思っていても、自分が自分に不合格者のレッテルを貼ってしまうと、「きっとみんな怒っているだろう」という思い込みが強くなります。

 

自分自身で壁を作ってしまい、最終的にはギクシャクした人間関係になってしまうのです。

 

 

 

職場の人間関係に悩んだときに行うこと

ここからは、「今の職場で働き続けたい」「人間関係のトラブルで悩みたくない」と考えている方に向けて、具体的な解決法を紹介していきます。

 

順を追って解説していきますので、無理のない範囲で少しずつ実践してみてください。

 

自分が不満に思っていることを書き出す

人間関係でつらくなったときは、まずはそれらの悩みを紙に書き出しましょう。

 

これはエクスプレッシブライティングと呼ばれる認知行動療法のひとつで、頭の中にあるモヤモヤした感情を外に出し、可視化させたうえで整理していきます。

 

・普段頑張っているのに職場の上司に嫌味を言われる…

・お前の話は伝わらない!と一方的にキレられる…

・いつになったら仕事が終わるのかといちいち先輩から嫌味を言われる

・自分のことを認めてもらえない環境にいると悲しくなる

・雑に扱われているようで面白くない

 

単なる愚痴ばかりになるかもしれませんが、気にせず全部書き出します。

 

また、友達からの嫌がらせや義母との関係など、人付き合いの幅が広がるほど、抱える悩みというのは次第に増えていくようになります。

 

それらも全部紙の上に書き出して、今抱えている悩みを吐き出していきましょう。

 

なお、エクスプレッシブライティングについては以下の記事でも解説していますので、よければこちらも読んでみてください。

 

【真面目で悩んでいる方へ】エクスプレッシブライティングで自分の気持ちを整理しよう

 

自分に必要な感情を満たす行動を取る

悩みを紙に書き出すだけで受けるストレスは少なくなりますが、やはりそれだけでは物足りないですよね…

 

このようなモヤモヤを抱えている場合、「自分の感情を満たすためにはどのようなことをすればいいのか?」を考えて、同じように紙に書き出していきます。

 

・大好きな本をまとめ買いしてみる

・自分のことを褒めてくれる人の近くにいく

・ペットを飼ってつらい気持ちをなぐさめる

・自分自身に手紙を書いてみる

・好きな人に感謝する

 

お金がかかるものもあれば、かからないものもあるでしょう。

 

そのようなことには一度目をつむり、自分の気持ちを満たすことに注力していきます。

 

嫌な人間関係も、その瞬間は忘れることができるようになるので、気の向くままに書き切ってしまいましょう。

 

優先順位が高いものから実行に移す

先ほど書いたリストの中からいくつかピックアップし、できそうなものから試していってください。

 

たとえば、「仕事とは関係ない人と会い、好きなご飯を食べる」などが挙げられます。

 

利害関係のない人に会うことでリフレッシュにつながるほか、何か具体的なアドバイスをもらうことも可能で、明日からの仕事に活かせるかもしれません。

 

苦手な人と距離を取る

人と仲良くなることも大事ですが、真面目で優しい人は良くも悪くもマウントの対象にされがちになります。

 

たとえば、「最低限のメッセージでのやり取りだけで済ます」と決めることで、苦手な人との接触回数を減らせます。

 

しかし、急に素っ気ない態度を取ると、以下のようにかえって過剰に反応する可能性があるので注意が必要です。

 

・いきなりその態度はないだろ!

・後輩のくせに生意気だぞ!

 

多くの人は、「この人ならきっと◯◯をする」という思い込みを持っています。

 

たとえば、自動販売機にお金を入れてスイッチを押せば飲み物が出てきますが、きちんと出てこないとどんな人でも焦ってしまうでしょう。

 

これと同じように、人も「特定の人にいつもと違う反応をされると、焦って普段はしないような行動を取る」、つまり感情が爆発してしまうようになるのです。

 

淡々と続ける

一定期間は辛い状況が続くかもしれませんが、常に同じような態度を取り続ければ次第に収まってくるため、気にせず続けましょう。

 

先ほどの例で言えば、「自動販売機が故障している」ことがわかれば、お金を入れても飲み物が出ないのは納得がいきます。

 

これと同様に、「いつも素っ気ない態度を取る人」というイメージを上司が持つようになれば、自分に対する嫌な発言や行動も徐々に収まっていくことでしょう。

 

「この人少し危ないな…」思ったときは、深追いせずに上手に距離を取るようにしてみてはいかがでしょうか?

 

職場の人間関係で悩むのは真面目に取り組んでいる証拠

今回は、職場の人間関係がつらくなってしまう理由や、実際に傷つけられてしまったときに役立つ具体的な方法などについて解説しました。

 

・人間関係で生まれる苦しみは、「過度な自責思考」と「自分への過度な期待」によって生まれることがある

・不満に思っていることを紙に書き出し、自分に必要な感情を満たす行動を取るとストレスが少なくなる

・苦手な人とは距離を取る

 

僕は正直人付き合いが苦手で、比較的気の合う人としか基本的に付き合うことはありません。

 

職場などで、何十回もマウントを取ってくるような人とは距離を置くようにしています。

 

仕事上、どうしても接触することもあり、難しいことも多いですが、職場の人間関係で悩まないためにも自分にできることを淡々と実践していきましょう。

 

また、以下の本も参考になりますので、よければ併せてチェックしてみてくださいね。


 


今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA