【要領が悪い】焦りによって失敗してしまったときの対処法

要領が悪い…もっと活躍したいのにどうしてできないんだろう…

 

一緒に働く同僚や先輩がそつなくテキパキこなしていると、【自分はどうしてあんな風にできないんだろう…】と悩んでしまいますよね…

 

特に年齢が近い人や後輩の人が仕事をこなしている姿を見ると、ますます焦ってしまい、余計なミスも増えてしまいます。

 

今回は具体的な焦り対策や、落ち込んでしまったときの対処法について解説していきますので、僕と同じように悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

もう一人の自分を想像して要領の悪さを慰めてもらう

人によって異なりますが、失敗したときはつい自分のことを責めてしまうという方も多いのではないでしょうか?

 

真面目な人ほどすべて自分の責任だと思い込み、「自分はダメなやつだ…」とトイレにこもって泣いてしまう方も少なくありません。

 

そのようなときは、頭の中で自分が尊敬している人や大切に感じている人を思い浮かべ、その人から励ましてもらうというイメージを膨らませてみましょう。

 

・大事な家族

・大切な恋人

・好きな小説や漫画のキャラクター

 

自分がピンチになったとき、【大丈夫だよ、こんなこと大したことないよ】と声を掛けてくる人を一人思い浮かべ、思い切っり甘やかされてください。

 

ちなみに、僕はスラムダンクの安西先生のことを思い浮かべて慰めてもらっています。

 

漫画の中には多くの優しいキャラがいますので、ぜひ自分にとってピッタリの方をイメージしてみてください。

 

要領の悪い自分を否定しない

失敗してしまった過去は変わりませんが、これからの未来に向けて、今やってしまった失敗を地肉に変えることは可能です。

 

僕は記事の校閲作業をする際、誤字や脱字をそのまま見逃し上司に怒られてしまうことがあります。

 

『次は頑張ります!』と言っては同じミスを繰り返してしまう自分が情けなく、誤字や脱字をしないための仕組みづくりについて考えるようになりました。

 

・一度書き上げたものを見直す

・エクセルなどで誤字脱字シートを作って自動的にハイライトしてくれるようにする

・Googleドキュメントの校正機能も活用する

・体調不良にならないようにする

 

上記のように改善点を書き出し、それらをひとつずつ実行に移していきます。

 

ミスをミスで終わらせるのではなく、それを次に活かす材料にすることができれば、ミスではなく『貴重な財産』になるでしょう。

 

焦りによって生じる失敗を防ぐには?

失敗は成功の母と言われているくらい、成功するためには失敗経験が必要になります。

 

しかし、マニュアル化している作業や、繰り返し行われる単純作業の場合、失敗はなるべく少なくしなければなりません。

 

また、世の中のほとんどの仕事では作業の質とスピードが求められるので、作業スピードを高めつつミスを防がなかればいけません。

 

しかし、これはかなり難しいことであり、不器用の方は質・スピードのどちらかが疎かになってしまうことも珍しくありません…

 

リカバリーは可能

会社に大損害を与えてしまうようなミスや、交通事故のような人の命がかかわってくる状況ではない限り、多くのミスはリカバリー可能です。

 

ミスしてしまった後はきちんと謝罪して、誠実な対応をすればそこまで大事にはいたりません。

 

自分を責めてしまってメンタルを崩してしまうくらいなら、少々無責任なくらいが丁度いいとも言えます。

 

最低限のことを気をつけて、自分を責め過ぎないように無理なく行動していきましょう。

 

要領の悪い自分だからこそ持っている長所を書き出す

仕事でうまくいっている人がうらやましい、もっと素敵な自分になりたいと思うのは、人間である以上当たり前に持っている感情です。

 

だけど、自分が憧れている人でも悩みは持っているものであり、もしかしたら自分よりも深い悩みを持っているかもしれません。

 

場合によっては、そのような悩みを持っていない自分が、その人の憧れの対象となっていることもあるでしょう。

 

このように考えると、「自分もまだ捨てたもんじゃないな」と少し自信ついてくるので、少し視野を広げて「周りの人はどんな悩みを持っているのか」を考えてみてください。

 

現時点で自分が持っているもの

・最低限暮らしていけるだけの収入

・リモートワークができる仕事環境

・ある程度自由に動ける身体

・家族が元気でいてくれる

・友人も数人いる

上記は今の僕が持っているもので、ほかにも【都内で月10万円前後で暮らしていける生活術】みたいな節約スキルも持っていることに気づきました。

 

節約が苦手な人もいるはずなので、そのような面では誇れるスキルだといえるでしょう。

 

自分ができている行動・習慣

今度は同じように【自分ができている行動・良い習慣】について書き出していきます。

 

自分から見たら大したことのないようなことも、【それってすごいね!】と驚かれることも少なくありません。

 

・歯磨きやシャワーといった日々の何気ない習慣

・勉強を毎日少しずつ続けている(心理学や発達障害関係の分野など)

・ランニングやHIITなどの運動習慣

・暴飲暴食をしない食習慣

・酒、タバコ、ギャンブルとは無縁の生活

・読書の習慣

 

運動が苦手な人もいますし、お酒がやめられないという人も世の中にはたくさんいます。

 

そのような人から見れば、健康的な習慣はなかなか手に入らない貴重なものだと言えるはずです。

 

失敗して当たり前

僕は【メンタルが弱い・人付き合いが苦手・ケアレスミスが多い】といった欠点を数多く持っていますが、それが理解されないことも少なくありません。

 

・誰が見てもわかるような誤字にどうして気づけないの?

・ただ話すだけなのになんで苦手に思うの?

・意見を言うだけなのになんでそんな悩んでいるの?

 

このように、僕の悩みを一蹴してしまう人が多いのも事実です。

 

だけど、大事のなのは【自分の欠点と真摯に向き合い、積極的に変化や成長をしていく】ことだと思います。

 

セルフコンパッションやACTなど、さまざまな解決方法があるので、これらを続けて自分を肯定できるようにしていきましょう。

 

なお、以下の記事でそれぞれ解説していますので、これらも併せてチェックしてください。

仕事・人間関係が全然うまくいかない…過度に自分を責めないようになるセルフコンパッションとは?

 

 

仕事のことが不安でたまらない…メンタルケア【ACT】のメリットとは

 

要領が悪い自分を受け入れてやるべきことに取り組もう

今回は、具体的な焦り対策や落ち込んでしまったときの対処法について解説しました。

 

・どんな天才でも失敗するし、対応次第でリカバリーは可能

・失敗を失敗で終わらせない

・自分が持っているものや置かれている環境について紙に書き出してみる

 

周囲の人と比べて落ち込んでしまうのは、今の社会で生きていく以上、避けれられないことかもしれません。

 

でも、そんな自分でもできることはありますし、なかには人には真似できないようなすごい特技や才能があることも少なくありません。

 

「自信を持とう!」とはいえませんし、誤った自信は失敗に繋がりますので、悩んだときは自分のことを認め、そこからできることを探して行動に移していきましょう。

 

また、以下の本も参考になりますので、こちらも併せてチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました!

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA