【30代のキャリア】人生の指針を考えるときに役立つ思考法

これからどんな風に生きて行けばいいんだろう…

 

健康のことや仕事のこと、お金や人間関係のことまでその不安はどんどん広まり、何から手をつけていいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

また、以下のように年齢の変化によって悩む方も少なくありません。

 

20代中盤くらいまで→ひたすら目の前にある作業に没頭する日々を送る

30歳以降→徐々に将来への不安が強くなり、毎日のように悩んでいる

 

今回は、上記のような方に向けて、将来への漠然とした不安が大きくなったときに役立つ思考法について解説します。

【漠然とした不安を抑えるコツ①】今の生活を見直してみる

基本的に、会社員の方であれば最低でも8時間は仕事に自分の時間を割かなければいけません。

 

時短勤務の方であれば少し違ってきますが、多くの方が8時間、むしろそれ以上の時間を仕事にあてて、日々の業務をこなしていることでしょう。

 

その仕事、いつまで続ける?

仕事をやっただけの報酬や評価が得られていれば大きな悩みは生まれないのですが、そうでなければどんどん言葉にできないような不安が大きくなってしまうようになります。

 

・残業ばかりでつらい…

・この仕事をずっと続けていてもいいのかな?

・もうどこか遠くに行ってしまいたい…

 

これらの悩みは僕が今持っているものですが、どれも「すぐに対処しなければならない大きな問題」というものではありません。

 

緊急性の高い悩みではないからこそ、ずるずると先延ばしにしてしまい、心の奥に残ってしまいます。

 

まずは、この辺りを少しずつ片付けていくことが大事なポイントといえます。

 

・今の仕事は自分にとってどんな価値があるんだろう?

・この先自分はどんな風に働いていきたいのかな?

・自分の弱点があまり目立たない仕事ってないのかな?

 

自分と向き合うためには、ある程度の時間と労力が必要になります。

 

しかし、これがかなり難しく、なかなか明確な答えも見えてきません。

 

それでもできる限り自分と向き合い続けていくことで、自分が求めている何かが見えてくるようになるため、無理のない範囲で取り組んでいきましょう。

 

【漠然とした不安を抑えるコツ②】お金のことを考えずに興味のあることをやってみる

お金がないから自分のやりたいことができないという方も多いでしょう。

 

僕自身、なかなか行動できずに足踏みをしてしまうことが少なくないのですが、モヤモヤしたときはちょっと勇気を出してそれをやってみましょう。

 

「タワーマンションに住んで連日豪華な食事を楽しみたい!」みたいなケースはなかなか厳しいですが、おそらくほとんどの「やりたいこと」ってちょっとお金を出せばできることが多いかと思います。

 

一万円でできることを見つける

たとえば有名なレストランで食事がしたいと考えたとき、やはり少々高額になるかと思いますが、さすがに100万円単位のお金がかかることはないでしょう。

 

日々の食費を100円だけ節約して、それを3ヶ月ほど続ければ1万円が手に入ります。

 

それに少し貯金を加えれば、有名なレストランに行くことだって決して不可能なことではないはずです。

 

むしろお金のことよりも、「自分はこんな贅沢をしてはダメな人間なんだ」というブレーキの方が苦しいのかもしれません。

 

僕も自分に対してお金を使うこと、特に数万円単位の買い物をするときはこのブレーキが働いてしまってなかなか行動に移すことができません。

 

だけど、自分にとってそれが価値のあるものだとしたら、やらない方がよっぽど自分に不誠実といえます。

 

やった後悔よりもやらない後悔の方が大きいというのは、もはや多くの方が知っている知識のひとつですが、実際に行動に移すのは簡単なことではありません。

 

まずは小さいことから「自分のやりたいこと」をやっていき、少しずつ「自分はやりたいことをやってもいい人間なんだ」と刷り込ませていきましょう。

 

なお、「自分にお金を使うなんて無理…」と思ってしまう方にはセルフコンパッションがおすすめです。

 

セルフコンパッションは自己肯定感のアップにも効果的なので、よければ以下の記事を読んでみてください。

 

【仕事・人間関係改善】過度に自分を責めないようになるセルフコンパッションとは?

 

【漠然とした不安を抑えるコツ③】自分の頭で考える

世の中にはお金持ちと呼ばれる人がたくさんいます。

 

先代から引き継いだ資産を持つ人や若くして富を築いた経営者など、お金を手に入れた経緯は人それぞれ異なりますが、そのような人たちの真似をしても、あまり良い結果にはならないことが多いです。

 

「大金を稼いだこともないのに無責任なことを言ってるね」と注意されてしまうかもしれませんが、やっぱりその人の能力や運などもお金を稼ぐ要素となっているため、そのまま真似をするのは少々リスクがある行為といえます。

 

自分に合ったやり方を探す

たとえばまともに絵を描いたことがない人が、いきなり多くの人を魅了するようなアートを作ることはほぼ不可能といえます。

 

また、株式投資や不動産投資も、単に流行っているからといって闇雲に手をつけてしまうのもあまり褒められたものではありません。

 

もちろん何もしないで諦めてしまうのも良くありませんが、全然興味がなく、やっていることに苦痛が生じるようなものであれば、それでお金を稼ぐのはかなり難しくなってしまうでしょう。

 

大事なことは、「とりあえずやってみて、常に自分の頭で方向を修正していく」ことではないでしょうか。

 

サンクコストバイアスに注意

仮に怪しいセミナー講師の言うとおりに株を買っても、うまくいくかどうかそのときの相場にもよりますし、場合によっては運も必要になります。

 

また、人にはサンクコストバイアスというものがあり、これによって今まで払ってきた費用を取り戻そうといつまでもそれを続けてしまうようになります。

 

せっかく読み始めた本だけど、なんか全然頭に入ってこない…もったいないからこのまま読み進めようかな…

 

面白くなければそこでやめればいいものの、お金を出してしまった以上、最後まで読んでしまうんですよね。

 

また、新しい仕事を始めるときは以下の点を押さえておくようにしましょう。

 

・自分にできることは何だろう?

・どんな人が喜んでくれるんだろう?

・どういう商品なら人の目を引くんだろう?

 

つらいこともたくさんありますが、こうした問いのない答えに悩むことも楽しさのひとつです。

 

本の内容をアレンジする

また、世の中にはたくさんの成功本が売られており、僕もこれまでたくさん読んできましたが、読んだままで行動できずに終わってしまうことも多々ありました。

 

本を読み、そこで大きな資産となる知識を得て、自分の状況に合わせて応用していくことが重要といえます。

 

自分の弱さや悩み、嫌なところも全部ひっくるめて仕事ができるようになれば、おのずとお金が稼げるようになってくるのではないでしょうか。

 

怪しい儲け話に引っかからないようにするためにも、常に自分の頭で判断していきたいものですね。

 

漠然とした不安を抱えながら新しい道を探していこう

今回は、漠然とした不安に悩まされてしまったときに注意したいポイントや思考法について解説ました。

 

・小さなモヤモヤとした悩みと向き合う

・自分のやりたいことがあれば多少お金がかかっても行動に移す

・知識や方法をそのまま真似るのではなく、自分の頭で考えながら仕事に取り組む

 

自分の叶えたい夢や目標に向かって少しずつ行動していけば、いつかはそれが手に入るはずです。

 

人は誰しも悩みを持つもので、場合によってはなかなかつらいこともあるかと思いますが、悩みと向き合って少しずつ改善していけるように取り組んでいきましょう。

 

また、以下の本も参考になりますので、こちらも併せてチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました!

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA