【ADHD対策】飽き性さん向けの目標設定のやり方

今年の目標を立てたけど、思った以上に取り組めていない…

業務改善して残業時間を減らしたいのに早くも挫折しそう…

 

仕事に関する目標を立て、それに向かって取り組んでいても、途中で挫折してしまうことも少なくありません…

 

仮にその目標が未達に終わると激しく上司から詰められ、その結果自分を責めてしまうと、場合によってはうつ病や適応障害にもなるおそれがあります。

 

今回は飽き症のADHDさんに向けて、具体的な目標の立て方や挫折対策について解説していきます。

 

また、後半では僕自身の失敗談も紹介していますので、興味をお持ちの方はそちらもチェックしてみくださいね。

目標を立てるのではなく「予測」する

会社から課される目標やノルマというのは、比較的高めに設定されることがほとんどです。

 

・今月は○件、○○万円の売上を達成する
・○時間でこの作業を○日までに仕上げる

 

自分の実力以上の数字が課せられることも多く、「今月も達成できなかった…」と自分を責めてしまう方も少なくありません。

 

これと同じように、個人的な目標(勉強や転職活動など)も高めに設定してしまうと、やはり達成するまでの時間・労力は多くなります。

 

【NG例】

・TOEIC900点を目指す
・体脂肪率を一桁まで落とす

 

上記のような目標は、強靭な意志の持ち主でも途中で挫折してしまいそうですよね。

 

そのため、目標は少々ゆとりを持たせて設定しましょう。

 

・1週間のうちに英語の参考書を20~30ページくらい読んでみる
・来年の夏までには目当ての水着が着られるようにする

 

1日ではなく1週間、○ヶ月後ではなく「来年の夏まで」など比較的長期の目標を立てると、変に気負うことなく続けられます。

 

目標にする期間や数字などを少々ゆるめに設定すると、仮にできなくてもリカバーしやすいので、「自分にとって無理のない目標」を考えてみてくださいね。

 

目標立てた後の行動にフォーカスする

【目標を達成したいけどモチベーションが上がらない!】と悩んでいる方も少なくありませんよね…

 

そのようなときは、実際に出た成果や結果ではなく行動にフォーカスしてみてはどうでしょうか。

 

たとえば、先ほど挙げたダイエットの目標であれば以下のように設定します。

 

・1週間に1回ジムに通う
・寝る前に10回スクワットをしてみる

 

上記のような小さい目標を立て、そのときに得られる達成感を味わっていけばスムーズに続けていけます。

 

逆に体脂肪率を○%にするという目標にしてしまうと、厳しい食事制限したりサプリメントを取ったりするなど、やることが増えてしまいます。

 

それらがうまくいかなくなると、自信をなくして挫折することも多いので、自分が取った行動にフォーカスしていくのが達成への近道になるといえるでしょう。

 

目標を達成できなかったときの考え方

仮に目標が達成できなくても、「やっぱり自分はダメなやつなんだ…」と落ち込む必要はありません。

 

「失敗したんだから落ち込むのは当たり前でしょ?」と思う方も多いのですが、「自分がダメ」だからではなく、目標の立て方に問題があることがほとんどです。

 

僕自身、今までかなりの目標を達成できずに終わっていますし、それによって自分が嫌になってしまったこともたくさんありました。

 

もちろん自分の行動を振り返るのは大事ですが、自分の努力不足がすべての原因とはいえません。

 

目標の立て方を少々見直して、自分を追い詰めないように無理なく行動していきましょう。

 

もし自分を追い詰めてしまうような方は、以下の記事にあるセルフコンパッションを実践してみてくださいね。

 

自堕落にならない自分になるために行う・セルフコンパッション

 

目標を立てた後は無心で行動する

20代前半のころ、当時の僕は大手食品会社の下請けのような会社で営業の仕事をしていました。

 

個人・法人問わず、住宅地図を片手にローラーで一軒ずつ訪問して商品を説明していきましたが、当然のことながら簡単には売れません。

 

・そんなものはいらないよ!

・帰ってくれ!

・不法侵入だから警察呼ぶぞ!

 

中には優しく接してくれる方もいましたが、半分以上はこのような言いがかりにも似たことを浴びせてくる方がほとんどでした。

 

営業職をされている方ならご理解いただけるかと思いますが、営業は結果がすべての仕事です。

 

どんなにお客さんのところへ訪問しても、どんなに手間をかけて資料を作っても、契約が取れなければ意味がありません。

 

断られることそのものは自身の経験値にはなりますが、上司にとっては関係ないものです。

 

・契約が取れないと会議室や営業車の中で長時間詰められる

・契約を取れば「それが当たり前だから」とばっさり切り捨てられる

 

会社や上司によっては若干異なりますが、上記のような態度を取る方も珍しくなありません。

 

契約が取れないと必然的に残業が増えるようになり、それでも足りなければ休日にも働かなければなりません。

 

プライベートが皆無

当時は上司の言われるがままに休日出勤を命じられ、最長で半年ほど休みなしで働き続けました。

 

土日も関係なく、友達と遊ぶこともなくひたすらお客さんのところへ訪問する毎日です。

 

こんな日々を送っているうちに、周りの人が楽しんでいる姿を見ると「どうして自分だけ…」など嫉妬の感情が芽生えるようになってしまいました…

 

そのため、あえて自分の感情に蓋をするようにしました。

 

うれしいことも悲しいことも感じないようにしていると、不思議なことにいつのまにかつらさやしんどいさも少なくなっていき、立てた目標も達成しやすくなります。

 

もちろんこれは個人差があり、無理がたたって深刻な症状があらわれてしまう可能性もあるので、積極的に使ってほしい方法とは言えません。

 

そうなってしまう前の一時的な対処法として、頭に入れておいてみてください。

 

目の前にあることを集中する

仕事でも趣味でも、何かひとつのことに頑張っている人というのは不思議なことに魅力的に映るものです。

 

決められた目標に向かって頑張っていると、気づかぬうちに応援してくれる人が次第に増えていくようになります。

 

ワンピースのルフィみたいに、どんな逆境になっても海賊王になるためにひたすら強い敵たちと戦う姿を見せると、仲間たちも自分の命を張って戦うみたいなイメージです。

 

味方がいると励みになる

僕の場合、上司の態度や言動は辛辣なものでしたが、会社の事務員さんたちとは仲良くなれました。

 

当時は新人で若かった、単に周りのみなさんが優しかったからということも考えられますが、それでもとてもうれしかったことを覚えています。

 

パワハラ上司にひどい扱いをされてしまったときなど、電話などで励ましてくれるようになり、精神的に何度も救われていました。

 

精神的にも体力的にもつらかったのですが、それでも踏ん張れたのは支えてくれる人がいたおかげなのかもしれません。

 

目標だけに捉われない

長期にわたって休みなく働いていれば、体やメンタルどちらかに何らかしらの症状が出ても不思議ではありません。

 

いろいろな人に感謝の気持ちを持つ、自分を責めずに受け入れるなどのほかに、【自分には支えてくれる人がいたんだ】と思うことでも心は軽くなります。

 

仕事で成果が出なくても、体が思うように動かなくなっても、こんな自分でも生きていていいんだと思えれば、目標達成への過程も楽しめるようになるはずです。

 

ただし、もし少しでも体やメンタルに影響が出てきているようであればすぐにでも逃げてください。

 

副業や転職など、10年前に比べればかなりハードルが低くなりました。

 

 

これらの転職サイトは使いやすく、僕自身、キャリアアドバイザーの方に励まされながら何度も転職してきました。

 

今でも使っていますし、定期的に相談していますので、違和感を覚えたら少しずつ行動に移してみてはいかがでしょうか。

 

まずは小さな目標を立てよう

今回は飽き症のADHDの方に向けて、具体的な挫折対策をいくつか解説しました。

 

・目標を立てるのではなく予測をする

・結果ではなく行動にフォーカスする

・支えてくれる人を大事にする

 

当たり前かとは思いますが、無理をして行動しても途中で挫折してしまいます。

 

残業や休日出勤が増えれば、自分の趣味もできなくなり、うつ病などや適応障害などに苦しむようになってしまうことも考えられます。

 

負担の少ない自分にとって達成可能な目標を立て、ペース配分を考えながら取り組んでみてくださいね。

 

また、以下の本も参考になりますので、よければ併せてチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました!

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA