もしや私はADHD?ADHDが抱える仕事の悩み・具体的な対処法とは?

どんなに注意してもミスしてしまう…もしかして私はADHD?

 

ミスがなくならない、忘れ物が多いなど、仕事・プライベートともにさまざまなトラブルで悩んでしまうのがADHDです。

 

周りから「あいつは使えないやつ」と見られてしまうことも多く、自信を失う方も少なくありません。

 

今回は、僕が持っているADHDの特徴を紹介しながら、ADHDが働くうえで大切にしたいポイントついて書いてみます。

ADHDは仕事が長続きしない

大学を卒業して、最初に入った会社で行っていたのは事務の基本となる電話対応でした。

 

その会社は建築会社で、主に資材の管理・販売をするほか、契約している職人さんを現場に派遣するという仲介業も行っています。

 

そのため、一般的な電話応対とは違い、現場監督の方からの注文を受けるのがメインでした。

 

クレームの嵐

工事現場は、基本的に機械音をはじめとする騒音が鳴り響いています。

 

そのため電話の内容が聞き取れないことも多く、さらに現場監督は職人気質のため、「そんなこともわからないのか!」「一回で聞き取れよ!」と厳しい口調で叱られることも珍しくありませんでした。

 

特に、注文内容を聞きながらメモを取るというマルチタスクがまったくできず、クレームを連発してしまう始末です。

 

こんな新人見たことない!もうどうしたらよいかわからない!

 

入社して2ヶ月が経ったころ、同じ事務の仕事をしていた先輩の一人からから匙を投げられて、それ以来居場所がなくなってしまいました。

 

結局、その会社は試用期間の3ヶ月でクビになり(正しくは自主退職をを強要されました)1ヶ月ほど引きこもりの生活を送っていました。

 

飲食店でも使えない

引きこもり生活から抜け出し、お寿司屋さんで働くようになりましたが、そこでも口頭での指示が理解できずミスを連発していました。

 

さっき指示したばかりなのに、なんで覚えていないんだ!やる気あるのか!

 

僕自身、手を抜いている意識はまったくありません。

 

頭の中をフル回転させて必死に指示の内容をメモに取り、覚えようとするのですが、緊張や萎縮などの要素も重なって、途中で頭が真っ白になってしまうのです。

 

この職場も2ヶ月ほどで辞めてしまい、働くこと自体に恐怖感を覚えるようになりました。

 

【ADHDの仕事術①】苦手な環境を変える

大学を卒業して約10年ほど経った今でも、電話対応はほとんどできません。

 

口頭での指示を理解することもかなり苦手で、初めてやる仕事のときは、ひたすらメモを取りながら説明を聞くようにしています。

 

正直、会社での評価はかなり低いものの、それでもまだクビにはなっていないのは、それなりに自分に合った働き方ができているからだといえます。

 

テキストベースのやり取り

今の職場でも口頭での指示はありますが、どちらかといえばテキストベースの指示がメインです。

 

僕は耳からの情報よりも目から入る情報の方が処理しやすく、これは視覚優位と呼ばれています。

 

それでも複雑な指示や、あいまいな内容の場合には理解に時間がかかることも多くあります。

 

しかし、わからなければ再度読み返すことができるため、テキストベースの指示がメインになる職場を選ぶのが重要といえるでしょう。

 

ダメな自分を受け入れる

新人じゃないんだし、何度も同じミスするなよ!

 

先輩や上司など、誰かに迷惑をかけてしまうと自分のことが嫌になってしまいますよね…

 

・作品の誤字や脱字

・指示内容の認識違い

・仕事道具の忘れ物

 

作業自体には慣れてきてはいるものの、僕は注意欠陥多動障害が強く出ており、このようなミスがなくなることはほとんどありません。

 

また、思考や考えがうまくまとまらず、物事を理解するスピードも遅いです。

 

このような状態では、直属の上司だけでははなく、多くの人をイライラさせてしまうようになるため、以下のことを忘れずに仕事を行うようにしています。

 

・要領が悪いことを認める

・素直に聞く

・実際に試してフィードバックをもらう

 

30代に入り、変なプライドやこだわりが邪魔をして、「人から聞く」ということが苦手になってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

先述の通り、僕は短期記憶がかなり苦手で要領も悪いため、的を得ない行動や回答をすることも少なくありません。

 

仕事をこなすためには、自分ができないことをきちんと受け入れて、素直に「わかりません、教えて下さい!」といえば、よほど意地悪な人ではない限り教えてくれます。

 

変な意地を張らず、素直に教えを請うことが、スムーズに仕事を進めるコツだといえるでしょう。

 

【ADHDの仕事術②】自分が持っている長所を伸ばす

・ミスが多い
・片付けが苦手
・指示をすぐに忘れてしまう
定型発達の人と比べれば、やはり僕は多くの面で劣っています。

僕自身、長所を伸ばすのが大事と考えている一方、弱点を克服するために時間と労力を使うことは、一概に悪いことではないとも思っています。

 

社会生活が最低限送れるようなスキルや能力は、なるべく身につけておく必要があるといえます。

 

具体的な長所を書き出す

自分の短所はわかりやすいのですが、長所は可視化させないと認識するのが難しいとされています。

 

・コツコツと続けていく継続力がある

・協調性があり、人の話を最後まで聞ける

・好きなことに対しては没頭できる

 

ADHDには、短所となるものがある一方、長所といえる特徴がたくさんあります。

 

そのような長所を活かせる仕事に就くのは、決して簡単なことではありません。

 

むしろ、短所が目立つ仕事のほうが多いといえます。

 

転職・副業で自分の居場所を作る

転職をして自分に合う仕事に就くのはもちろん、副業に力を入れて自分の居場所を作る方も少なくありません。

 

会社で働くことがすべてではありませんし、正社員で働かなきゃいけないというこれまでの常識も徐々に通用しなくなってきています。

 

僕自身も3回ほど転職してきましたし、その間アルバイトとして年下の上司の下で働いたこともあります。

 

なかなか難しいことも多いのですが、もし今仕事で悩んでいるという方は、そのような常識やしがらみから抜け出して、新しい道を探してみてはいかがでしょうか。

 

悩みは多いけど、ADHDでも仕事はできる!

今回は、僕が持っているADHDの特徴を紹介しながら、ADHDが働くうえで大切にしたいポイントついて書いてみました。

 

・短期記憶が苦手だと事務や飲食店での仕事は難しい

・できない自分を受け入れて、素直に「わかりません」と教えを請う

・短所よりも長所に目を向けて職場を探す

 

社会で生活していくのは簡単なことではありませんし、くじけてしまうことも少なくありません。

 

世間でいわれている「普通」に生きるのは難しいので、短所の克服は最低限にして、自分の長所を伸ばすことに力を入れてみてはいかがでしょうか。

 

僕自身も悩みながら日々のやるべきことに取り組んでいますので、一緒に少しずつ前に進んでいきましょう。

 

また、こちらの本も参考になりますので、よければチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA