セルフコンパッションがうまくいかない理由と具体的な対策

セルフコンパッションをやってみたけど、なかなかうまくできない…

 

セルフコンパッションのやり方を覚えて実際に行ってみても、その効果があまり実感できないと悩む方も多いのではないでしょうか。

 

また、最初はうまくできたとしても、仕事や育児に追われ、途中で止めてしまう方も多く、僕自身もセルフコンパッションをやり始めたときに効果・継続の2点で悩んでいました。

 

そこで今回は、セルフコンパッションを行うときに心がけることや、継続するうえで押さえたいポイントについて解説していきますので、気になる方は参考にしてみてください。

セルフコンパッションの段階

セルコンパッションには以下のような段階に分かれており、それぞれ特徴が異なります。

 

・励む(Striving)

・うまくいかずにがっかりする(Disillusionment)

・徹底的に受容する(Radical acceptance)

 

最初のうちは新鮮で興味も大きいことから比較的セルフコンパッションに励みやすく(Striving)放棄や挫折がしにくい時期とされています。

 

恋愛や仕事と一緒で、最初のうちはセルフコンパッションを行うモチベーションも高い状態であることがほとんどです。

 

しかし、途中からなかなか思うようにいかなくなる「Disillusionment」の時期に入り、うまくいかずにがっかりしてしまうようになります。

 

この部分も、勉強やスポーツと同じですね。

 

しかし、うまくいかなくなってしまったときこそ、本当のセルフコンパッションの始まりといってもいいかもしれません。

 

受容の時期「Radical acceptance」が重要

多くの人が「Disillusionment」の段階で悩むことになりますが、このような挫折や苦しなども全部「Radical acceptance」で受容していきます。

 

どんなにセルフコンパッションを行っても、そのつらさや苦しみなどは完全に消えることはありませんし、この先もどんどん生まれていくことでしょう。

 

そのため、本当につらくなったときに行うのではなく、「少し気分が落ちてきたらセルフコンパッションを行う」といった軽いイメージで続けていくことが重要です。

 

僕も不完全な人間なので、苦しみや悲しみ、憤りなどの負の感情が襲ってくることは多々あります。

 

でも、それらがすべて許容できなくなるまで放置することはほとんどなく、「このままじゃマズイぞ…」と思ったときにセルフコンパッションを行っています。

 

特に「もう一人の自分をイメージして優しい言葉をかけてもらう」というワークはやりやすく効果も高いと実感しています。

 

このワークは以下の記事で解説していますので、もしよければ一度試してみてください。

 

仕事・人間関係が全然うまくいかない…過度に自分を責めないようになるセルフコンパッションとは?

今の自分はどの段階にいるのかセルフコンパッションを行う前に把握する

前述のとおり、セルフコンパッションには3つの段階がありますが、まずは自分が今どの段階にいるのかどうか確認することが重要です。

 

「Striving」は終わっているから、今は「Disillusionment」に入っているかもしれない

・今はもう「Radical acceptance」に入っているから、このまま無理なく続けていこう

 

3つの段階は螺旋階段のようなものであり、なかなか思うように進めていくことができないため、焦る必要はありません。

 

また、セルフコンパッションを行って行く中で苦しいことがあれば、それらも自分の悩みや改善点などに加えて書き出していきます。

 

〈うまくセルフコンパッションができない「自分を責めてしまうケース〉

→自分を責めてしまったら一度セルフコンパッションのことは忘れてみる

 

〈うわべだけの優しい言葉しかかけれらない自分が嫌い〉

たしかにそうかもしれないが、セルフコンパッションそのものを行えていること自体が「すごい」という気持ちを持つ

 

別に人と比べるものでもありませんし、うまくいかないこともたくさんあるかと思います。

 

受容できない自分も全部受け入れて、少しずつ前に進んでいくことが大切ですね。

 

セルフコンパッションで不完全な自分を受け入れる

ここまでセルフコンパッションの段階について解説しましたが、今自分がどこの段階にいるかはさほど重要なことではありません。

 

次のステップに進みたい、進行するほどいいものと思う方も多いのですが、進み方は人それぞれで競うものでもありませんからね。

 

仮に自分のことを批判してしまったときは、自分のことを批判する自分がいるということを受け入れることから始めると、少しだけ楽になるはずです。

 

 

最初から最後まで全部スムーズに進められる人はほとんどいませんので、自分のことを責めずに無理のないペースで実践していきましょう。

 

セルフコンパッションへの最初の一歩を踏み出そう

今回は、セルフコンパッションを行うときに注意したい3つの段階について解説しました。

 

・セルフコンパッションには「Striving「Disillusionment」「Radical acceptance」の3つの段階がある

・自分が今どの段階にいるかどうかを知ることが重要で、どの段階にいるのかは重要ではない

・不完全な自分を受け入れて少しずつ取り組んでいく

 

セルフコンパッションを行うことで生まれる悩みもあり、それもまた全部受け入れることが大事なポイントになります。

 

元々の悩みだけでなく、それを解消するためのセルフコンパッションで悩んでしまうとより一層つらくなってしまいますからね。

 

僕もまだまだうまくできているとはいえませんが、そんな自分も受け入れて地道に続けていこうかと思いますので、一緒に励んでいきましょう。

 

また、以下の本も参考になりますので、もしよければこちらもチェックしてみくてださい。



今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA