不安で仕事に行きたくない…頭の中に浮かぶ不安を解消させるには?

仕事で失敗しちゃった…もしかしてクビになるかもしれない…

 

お金もないし、貯金も増えないからこのまま一人で暮らすことになるのかな…

 

ふとしたときに、このような不安が勝手に頭の中に浮かんでくることはないでしょうか?

 

毎日のように浮かんでくると、抑うつ症状や不安障害の原因になってしまうので、早めに対処する必要があるものの、なかなか頭から離れませんよね…

 

今回は、そんな不安が頭によぎってしまったときに行う考え方と、毎日できる不安対策について書いてみます。

 

不安は悪いものじゃない

僕はこれまで3回転職していますが、いずれも大きな不安の中での転職でした。

 

転職の理由はどれもネガティブなものであり、キャリアアップやスキルアップなどの前向きな理由はほとんどありませんでした。

 

ADHDの注意欠陥多動性障害なので、どの職場でもミスばかりでしたし、上司や先輩からは毎日のように「この人いったいなんのの?」みたいな形で扱われていました。

 

でも、今では不安になるたびに【これは大きなチャンスかも?】と考えられるようになりました。(例外はありますが…)

 

不安になると、人は少なからず準備をする

契約が取れないと不安であれば、資料をまとめたり、トークスクリプトを見直したりするなど、さまざまな準備をするものです。

 

不安になることで、普段よりも注意力が上がるようになります。

 

逆に【不安でたまらない、どうしよう…】と思うだけで行動に移さないと、余計に不安になってしまうので、不安に感じるならまずは小さなことから準備していくようにしましょう。

 

不安を力に変える

いろいろと準備をした場合でも、それでも不安が大きくなることもありますよね。

 

勉強したけど合格できないかもしれない…

資料も作って準備したけど契約が取れないかもしれない…

 

気持ちはわかるのですが、このままプレッシャーに押しつぶされてしまうのはちょっともったいないですよね。

 

たしかに不安なことはありますが、やれるだけのことをしていれば後悔も少なくなります。

 

それに失敗することによって、貴重な経験や学びを得ることができます。

 

成功したいと思いがちですが、その場合は給料や収入などの【報酬】は得られますが、失敗から学べる【経験】を得ることができません。

 

【学び】はやがて力になり、いずれ大きな力になりますからね。

 

なお、【自分はまだまだ成長できる】と思える成長マインドセットと呼ばれる考え方がありますが、これを持つことによって、失敗も力に変えることができます。

 

過程にも意味がある

先ほども軽く触れましたが、仮に失敗したとしても、その過程でたくさんのことを学ぶことができます。

 

成功のノウハウを知ることも重要ですが、それだけでは乗り切ることができません。

 

僕は小学生のころポケモン(青)に夢中だったときがあるのですが、全然攻略できず、特にイワヤマトンネルという洞窟(知らない人すいません…)がクリアできませんでした。

 

どうしてもわからなくなってしまったので、本屋さんで攻略本を買い、それを見ながら進めていました。

 

たしかにスムーズに攻略できるようになりましたが、ちょっと物足りない感じもしていたんです。

 

逆に、あれこれ考えながら進めていくと、逆に楽しく感じられてくることも少なくありません。

 

仕事でも一緒で、最初から答えがわかっていると効率はよくなりますが、徐々に物足りなさが出てきますし、なによりも自分の成長にならないんです。

 

あまり失敗しすぎるのもよくありませんが、小さな失敗ならむしろ歓迎したいし、それを注意する人からは離れた方が無難です。

 

今はまだ失敗続きの僕ですが、ポケモンと同じように、少しずつレベルアップしていきたいものですね。

 

不安対策~体力づくり~

不安を解消させるために、日々の運動は欠かせません。

 

ただ、運動するにも体力が必要ではあるものの、運動するために使う体力と仕事で使う体力はそれぞれ少し異なります。

 

たとえばデスクワークの方の場合、全力疾走したり、ボールを蹴ったりする機会はほとんどなく、必要になる力は【持久力】といわれています。

 

持久力の内容

営業であればお客さんと話すために必要な体力、事務作業であれば長時間パソコンを操作する体力など、求められる体力の内容が変わります。

 

いずれの場合にも、それらを持続させることができなければやはり厳しく、1日8時間、週5日、それを何年も続けられる精神力と体力が必要といえます。

 

才能や技術よりも、それらを続けられる人の方が職場でも重宝されますからね

 

このような力は、単なる筋トレや走り込みだけでは見に着けられません。

 

・実際にお客さんと会って話す

・パソコンを操作して作業に慣れる

・休憩を取って体と心を休ませる

 

実施のところ、僕が営業をしていたときは、初めは数人のお客さんと話すだけでかなりの疲労感を覚えましたし、パソコンだって1時間操作しただけでも疲れていました。

 

足や腕など肉体的な疲労はないものの、話す・キーボードを打つ・画面を見つめるといった各種動作は、かなりの体力を使うものだなと痛感させれました。

 

不安対策とは少々離れてしまうかもしれませんが、仕事のパフォーマンスを上げる点においては、体力面のアップも欠かせないものといえるのかもしれませんね。

 

自分にとって楽しめる運動を続ける

仕事面での体力・持久力ばかり高めても、徐々に身体の筋肉の方が落ちてしまうので、やはり自分で楽しくできる運動に取り組むのが重要です。

 

運動をしないと代謝が落ちて痩せづらくなるほか、精神の安定や安心感につながるセロトニンが分泌されなくなり、メンタルが病んでしまうことも少なくありません。

 

そのため、家の中で運動するより、できれば外に出て行う運動の方が効果的だといえます。

 

HIITトレーニング

部屋の中で手軽にでき、さらに体力面の維持に効果が高い運動として、HIITという筋トレがあります。

 

HIITとは、「High Intensity Interval Training(高強度インターバルトレーニング)」の略で、負荷の高い運動と小休憩を繰り返すトレーニング法のことです。

 

こう聞くと【ちょっと難しそう…】と感じる方も多いのですが、やり方自体はそこまで難しいものではありません。

 

1.床にヨガマットを敷き、その場で腕立て伏せをした後、その場でジャンプする

2.着地した後、再びしゃがんで腕立て伏せの体制になって腕立て伏せを1回する

3.足を胸の位置にまで動かし再びジャンプする

4.この工程を20秒間全力で行い、インターバルの10秒間を挟んで4分経過するまで8回繰り返す

 

全力で取り組む必要があるので、僕は最初の1セットだけで限界が来ていました…

 

ですが、少しずつ続けていくと、次第にセット数が増えていくようになります。

 

マンションなどの高層階に住んでいる場合、足音に気をつけて行わないと下の階の人から苦情がくるかもしれませんので、深夜などにはやらない方がいいかもしれませんね。

 

朝散歩

やはり太陽に当たりたいので、朝に10分ほど近所を散歩するようにするのがおすすめです。

 

精神科医が見つけた 3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法にも書いてあるように、朝の散歩はメンタルに非常によい影響を与えます。

 

冬は寒くて難しいのですが、春先など気温が上がれば取り組みやすいですよね。

 

気分もリフレッシュでき、HIITのような疲労感もないはずので、運動が苦手な方はまずは朝散歩から始めてみるのもいいかもしれません。

 

仕事の体力・肉体的な体力の両方を得る

先ほども軽く触れましたが、仕事ばかりしていてると、徐々に肉体的な体力は落ちていきます。

 

一方、身体だけを鍛えていても、仕事に必要な持久力をつけることができず、その結果不安感などのネガティブな感情が出てくることも少なくありません。

 

どちらもメリハリをつけて、平均くらいを目指しながら続けていくのがいいのではないでしょうか。

 

もちろん、仮にまったく運動ができなかったとしても、自分を責めないようにしてください。

 

僕も最初は3日坊主で終わることが多々あり、そのたびに凹んでいました。(散歩もサボっていました…)

 

ですが、【そんな日もあるよね】と自分を許し、自分にとって難しい目標ではなく、達成可能な目標に修正して再度チャレンジすればいいだけですからね。

 

のんびりと地道に、これからも体を動かす習慣づくりを楽しんでいきましょう。

 

まとめ

今回は、不安が頭によぎってしまったときに行う考え方と、毎日できる不安対策について書いてみました。

 

・不安は悪いものではない

・仕事で使う体力とメンタル維持に必要な体力を両方をつける

・運動が続かなくても自分を責めない

 

不安に思うのは悪いことではなく、むしろ生きるうえで重要なセンサーでもあります。

 

ただし、不安ばかりが大きくなるとメンタルが病んでしまうおそれがあるので、無理のない範囲で運動するなど、自分に合った方法で不安を少なくさせることも重要です。

 

不安と上手に付き合って、その不安を日々のエネルギーに変えていってみてはいかがでしょうか?

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA