不安は悪いものじゃない

不安な気持ちっていろいろあると思いますが、それらは一概に悪いものではありません。

 

 

だれでも不安というのは感じるものですが、世間では特に不安に感じてしまう人を「不安症」と呼んでいます。

 

 

不安症の人って逆にビジネスで成功したり、本気に物事と向き合ったりするなど、その不安を利用して物事をいい方向に持っていくことができます。

 

 

ただ、不安の他にも嫌な感情って多々ありますよね。

 

 

恐怖や怒り、嫉妬など、取り上げてみるとさまざまありますが、できればあまり持ちたくはありません。

 

 

しかし、これらの感情も一緒で、その感情そのものが悪い影響をおよぼすということはないんですよね。

 

 

自分も勘違いしてしまっていたんですが、怒りの感情、嫉妬の感情、このような一つひとつの感情そのものにはそれぞれいいことがあるんです。

 

 

たとえば、嫉妬には自分のやりたいことを明確にするという特長があります。

 

 

また、怒りにはやる気をアップさせるという効果があり、世間一般で言われているような悪いものというものではありません。

 

 

なので、【感情と上手に付き合うこと・使っていくこと】が大事なんですね。

 

 

でも、一歩間違えるとやる気がなくなってしまい、モチベーションも続かなくなってしまいます。

 

 

今回はネガティブな感情の取り扱い方について書いてみます。

 

 

マインドフルになる

 

マインドフルというのは「目の前にある作業、あるいは行動に集中する」というものであり、簡単にできる人もいれば自分のようになかなかできないという方もいることでしょう。

 

 

この違いってなにかなって考えたとき、やっぱり日々の積み重ねなのかと思うんです。

 

 

自分はよくランニングをするんですが、そのときはただひたすら足を動かすことに集中しています。

 

 

このときはわりと集中することができるんですが、あまり面白くないような仕事や飲み会などのときはかなり注意散漫になってしまいます。

 

 

なので普段から瞑想したり、目の前にある作業だけに集中するように意識を向けたりするなど、なるべくマインドフルになる時間を増やしていくのがよいでしょう。

 

 

瞑想を行うことで疲労も取れるし、寝付きもよくなるので、リラクゼーションとしてもおすすめですね。

 

 

感情を俯瞰する

 

さらに【感情を俯瞰する】という方法もおすすめです。

 

 

難しい感じもしますが、他人のつもりで外から眺めるように行い、【自分は今不安に感じているぞ~】というように心の中で実況するんです。

 

 

・なんで不安に感じているんだろう

 

・自分はいつ不安になっているんだろう

 

・だれといるときに不安になるだろう

 

こんな感じで自分の気持ちを整理することができるようになるんですよね。

 

 

そうなると不思議なことに不安の感情が収まってきます。

 

 

お化けや超常現象が怖がれるように、やっぱり人間って正体が分からないものに対して恐怖を感じてしまいますからね。

 

 

その正体を具体的に紙に書き出し、明確にしていくことでさらにクリアにさせることができます。

 

 

ここまでくれば、不安に対するネガティブな感情もだいぶ和らいでくるはずです。

 

 

あらかじめ不安になる時間を設ける

 

それでも不安になってしまうという場合は、【不安タイムを作る】というのも有効です。

 

 

これは1日の中であらかじめ悩む時間を設定しておくという方法になります。

 

 

・朝起きたら10分だけ思いっきり悩む

・昼ご飯のあとは30分不安と向き合ってみる

 

このように事前に決めておくと、突然襲ってくる不安というものをやわらげることができます。

 

 

不安に思うことを先送りにする

 

不安になってしまうとますます落ち込んでしまいますが、【不安を先送りにする】ことでこの気持ちを抑えることができます。

 

 

・夕方5時になったら今のこの嫌な気持ちを考えよう

 

・上司に怒られて落ち込んだけど、落ち込むのは昼休みにしよう

 

このように、落ち込む時間やネガティブになる時間をあらかじめ設定しておきます。

 

 

結局あとになって落ち込むなら変わらないと思う人も多いのですが、不安という感情を先送りすると、不思議なことに和らいでしまいます。

 

 

やるべきことを先送りしてしまうと焦ったりするんですが、不安という感情は薄らいでくるので、どんどん先送りしていきましょう。

 

 

 

何かひとつでもお役に立ててれば幸いです。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

次回もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA