仕事が辛い…ADHD・ASDさんが注意したい外部的要因

真面目にやっているのに成果が出ない、他の人に比べて作業スピードが遅いなど、仕事中上司から注意を受けるADHD・ASDさんも多いのではないでしょうか。

 

私って社会人としての素質がないの?

 

今回は仕事で空回ってしまうことが多いADHD・ASDさんに向けて、悩みの原因と悩みの改善方法について書いてみます。

 

目次

  1. 環境的要因と個人的要因を区別する
  2. 周囲への理解がほとんどない
  3. 自分なりの設計図を作る

 

環境的要因と個人的要因を区別する

どんなことでもそつなくこなせる人と、要領が悪くてテキパキと動けない人。

 

才能や能力に違いがあるのは当たり前ですが、僕は間違いなく後者の方に当てはまり、いつも周りの人から遅れを取りながら働いています。

 

自分の能力不足は否定できませんが、それ以外にも【環境的な要因】が絡み合って「働きづらさ」が生じることが多いです。

 

たとえば、「この書類を読みやすいように修正してください」と指示を受けた場合、ADHD・ASDさんは指示の具体的な内容を把握することができず、その人なりの「読みやすさ」になるように修正作業を行っていきます。

 

定型発達の人であれば、その書類の文字数や雰囲気、読み手の年齢や内容から「これくらいでいいだろう」と判断でき、そこそこのクオリティーで完成させることができます。

 

一方、発達障害の方は雑にしすぎて注意を受ける、あるいは完璧を求めすぎて延々と修正作業に没頭してしまうなど、曖昧な指示によって自分の評価を下げてしまうようになります。

 

・今回は15分くらいで軽く見直すくらいでいいよ

・大事なお客様に見せる書類だから1時間くらいかけてミスなく修正してね

上記のように、指示の内容が具体的であればそれに従って作業できるので、認識の齟齬も生まれません。

 

自分を責めてしまうのは、決して自分の能力だけではなく、自分がいる環境も影響しているといえるでしょう。

 

上司の指示が曖昧、クライアントの要望が漠然としているという場合、こちらから詳しい内容を聞くことが求められます。

 

・いつまでにやればいいですか?

・どれくらいの時間で仕上げればいいですか?

 

ちょっとした質問で、少しずつ改善していくことが重要になりますね。

 

周囲への理解がほとんどない

自分の障害を会社側に伝えて働くことをオープン就労、逆に伝えずに働くことをクローズド就労と呼びます。

 

障害者手帳や病院からの診断書と一緒に伝え、その後の働き方について話し合ってから働く方も少なくありません。

 

どちらもメリット・デメリットがあり、伝えるかどうかは個人一人ひとりの希望や判断に任せられているのが現状です。(グレーゾーンの人のほとんどがクローズド就労だといわれています)

 

クローズド就労を選んだ場合、当然ながら「普通の人」と同じように扱われることになり、次第に「できない自分」が周囲へとつたわっていくようになります。

 

最初は許されていても、やがて「使えない奴」というレッテルを貼られ、最終的には居場所を失うようになってしまいます。

 

僕はこんな感じで最終的にはリストラされてしまったのですが、恐らく職場が変わっても、カミングアウトしない限りは同じことの繰り返しになってしまうと認識しています。

 

オープン就労で働こうとしても、さまざまな制約があり、さらにグレーゾーンの方なら証明するのも難しいので、非常に厳しいといわざるをえません。

 

・活躍したいとか、出世がしたいとかそんな高望みはしていないのに…

・ミスなく毎日を送りたいだけなのに…

 

周囲の理解のなさ、認識の違いによって自己肯定感はかなり下がり、生きづらくなってしまうようになります。

 

組織の一員として働く以上、だれかに比べられることは避けられません。

 

嫌われる勇気をはじめ、多くの書籍では、「他人の評価なんて気にしない方がいいよ」といった優しい言葉が書かれています。

 

しかし、現実では毎日のように叱責されて、自信を失っている自分がいる。

 

ダメな自分を認めたくても、簡単にはいかないと悩むようになってしまうのは僕だけではないのではないでしょうか。

 

自分なりの設計図を作る

弱い自分を認めてあげるようになりたい、怒られることなく一日を終えたいと考える方は、「自分なりの設計図」を作ってみてはいかがでしょうか。

 

最初の項目でも少し書きましたが、生きづらさを感じるのは「自分の能力・捉え方」のほか「外部の環境」にその原因があります。

 

そのため、自分のことを客観的に分析しつつ、「仕事でつまずいてしまうのは環境にも原因があるんじゃない?」と考える必要が出てきます。

 

すべてを他責にしてしまうのはダメなんですが、「この部分は自分で改善できる」「この部分はもう仕方がない」といった形で区別できるだけでも今よりも前進できるようになります。

 

・曖昧な指示を受けたらなるべく細かく質問する

・周りと比べて作業スピードが遅いから時間短縮に意識を置いて作業する

・集中力を維持させるためにあえて休憩時間を増やしてみる

・上司からの評価だけで人生が決まるわけじゃないと書いたメモを常に目に見えるところに置いておく

・実際に転職活動を始めて【いつでも辞められる準備】を進めていく

・転職活動と同時にフリーランスで働くことも頭に入れて、働く場所は今の会社だけじゃないことを自分に言い聞かせる

 

どれも僕が実際に取り組んでいるものですが、悲しいことにこれらはすぐに効果が出るというものではありません。

 

いくら休憩時間を増やしても集中できないときはできませんし、転職活動もうまくいかないことの方が多いです。(現実は厳しい…)

 

だけど、何もしないことに比べれば精神的に少し楽になりますし、ときにはクリティカルに効くことがあるので、お守り代わりのようにとらえています。

 

もちろん、自分の設計図は今後もアップデートしていく必要があります。

 

仕事が変われば悩みも変わってくるだろうし、そもそも外部環境が変われば悩みそのものが軽くなることもあるでしょう。

 

発達障害はねんざや骨折のように治療で治るようなものではありません。

 

コンサータなどの薬である程度は抑えられるものの、生きている限りは折り合いをつけながら付き合っていくものですからね。

 

仕事でつまずくことも織り込み済み。

 

僕自身も悩みながら取り組んでいきますので、少しでも生きやすいように改善していきましょう。

 

まとめ

今回は仕事で空回ってしまうことが多いADHD・ASDさんに向けて、悩みの原因と悩みの改善方法について書いてみました。

 

・環境的要因と個人的要因を区別する

・周囲への理解がほとんどないことをきちんと考える

・自分なりの設計図を作って行動に移す

 

仕事ができないことはそれだけで自己肯定感の低下につながり、やがて生きること自体が辛くなっていきます。

 

だけど、全部自分のせいではなく、環境にも原因があるので、自分でできること、できないこと冷静に分析して、生きづらさを少しづつ改善させてみてはいかがでしょうか。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA