仕事だけの人生でいいの?世間に合わせないライフキャリアの作り方

最近、休みの日も仕事ばかりで悩むことが多くなった…

30歳になったけど、このままずっと仕事だけを続けていくのかな…

 

社会に出て数年ほど経って日々の仕事に慣れてきたものの、このまま仕事ばかり続けていてもいいのか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、「自分の人生を仕事だけにはしたくない…」「プライべートも充実させたい!」と考えている方に向けて、自身の「ライフキャリア」について書いてみます。

 

仕事に対して不安を抱えやすいADHD・ASDさんは参考にしてみてくださいね。

【ライフキャリアの作り方①】社会状況の動きを考える

経営者の方をはじめ、自分にとって天職と呼べる仕事に就いている方ならわかるものの、仕事だけが人生じゃないと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そもそもキャリアは、なにも仕事のことだけを指す言葉ではありません。

 

仕事を含めた人生全般のことを指し、個人が生涯にわたって仕事と社会の両面を考えて作っていくものとされています。

 

世間的な評価ではなく、自分自身の心理的満足感や従属感ともいえるでしょう。

 

また、外的要因(社会・経済・組織)と内的環境(自己意識・価値観・能力)の相互作用の中で形成されていくので、人生すべてがキャリアともいえるかもしれません。

 

キャリアに影響を与える外的環境とは?

生きていくためには、何らかの仕事をして収入を得る必要があります。

 

この仕事をするうえで重要なのが外的環境です。

 

特に就活や転職は、そのときの経済状況で難易度が大きく変わります。

僕の場合、リーマンショックのあおりを受けてなかなか大変でした…)

 

また、少子高齢化の影響により、今ではおよそ4人に1人が65歳以上が高齢者という高齢化社会になっています。

 

働く人達の数が減り、税金も上がるため、今まで以上に仕事に励む必要が出てきます。

 

正規雇用の数も減り、「遊んでなんかいられない!」と焦る方も少なくありません。

 

「なんとなく今の会社で働いていれば大丈夫」と考えている場合、足元をすくわれてしまう可能性もあるので、こうした状況を考えながら今後のキャリアを組み立てる必要があるのかもしれません。

 

【ライフキャリアの作り方②】自分の欲求を把握する

「遊んでなんかいられない…やはり仕事をしないと!」と自分を追い詰めてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

責任感を持って仕事に取り組むことは大事ですが、闇雲に仕事をしていると、理想のキャリアから遠のくおそれがあります。

 

有名な心理学者であるアブラハム・H・マズローは、「マズローの欲求5段階説」を発表し、人間は本能的に5段階の欲求を持っているものと唱えました。

 

生理的欲求→睡眠や食事、トイレなどの生命を維持するために必要なもの

安全の欲求→命の危険が少ない環境に身を置くこと

帰属の欲求→友達や恋人、家族や組織といった他者との関わりを持つこと

尊重の欲求→自分を価値ある存在として認めらること

自己実現の欲求→自分の脳力を発揮して成長すること

 

基本的にはピラミッドのように①が土台となり、②〜⑤と順にクリアしていくのが一般的です。

 

たとえばブラック企業に勤めている場合、③や④は満たされるかもしれませんが、大事な①や②がおろそかになり、やがて心身を壊してしまうようになります。

 

逆に①や②が満たされていても、③がまったく満たされないと、満足感や充実感は得られません。

 

単に報酬を得ていても不満を持ち、やがて大きな悩みとなって自分を苦しめてしまうため、これらを解決する「目標」を立てる必要があるといえます。

 

【ライフキャリアの作り方③】実際にライフキャリアを描いてみる

家族の中では「夫」や「妻」、会社では「マネージャー」や「部下」、学校では「PTAの会長」など、人は環境によって果たす役割が変わっていきます。

 

これは年齢によって変化していくものであり、一生続いていくものでもあります。

 

このように人は複数のライフロールを持っていると唱えたのがアメリカのキャリア論者であるドナルド・E・スーパーです。

 

・成長段階(0〜14歳)

・探索段階(15〜24歳)

・確率段階(25歳〜44歳)

・維持段階(45〜65歳)

・下降段階(66歳以降)

 

上記のように、人生を5つの段階に分類し、人生のマキシサイクルと呼びました。

 

さらに、それぞれの段階でも「新成長→新探索→新確立」というミニサイクルが循環し、大きなサイクルと同時進行で進んでいくと考えられています。

 

また、ライフロールとして「社会人」や「配偶者」、「学生」や「余暇人」などを挙げ、人はさまざまな役割を同時に演じていて、それらに注ぐエネルギー比重も変わるといわれています。

 

キャリアドリフトに注意する

人生半ばの過渡期である40歳前後の時期を「中年の危機」と呼びます。

 

人生の半ばに差しかかると、「これまでやってきた自分のやり方ではうまくいかない」と感じるようになり、自分の自己認識や自信が大きく揺り動かされるようになります。

 

また、このような危機はほかにも3回ほどあるといわれており、年齢に応じて対処していかなければなりません。

 

・成人過渡期(17〜22歳未満)

・大人の世界に入る時期(22〜28歳未満)

・30歳の過渡期(28〜33未満)

 

多くの人は、学校を卒業して18〜22歳ごろに社会に出て、一定期間その組織に馴染もうとします。

 

30歳前後になれば仕事や社会にもある程度慣れ、今度は自分の存在意義といったものを模索し始めていき、転職・独立を考えるようになります。

 

だけど、安易な転職は単に世の中に風潮に流されてしまうキャリアドリフトにつながりかねません。

 

そのため、自分の働き方や価値観など十分に把握してから決断をする必要があるといえます。

 

自分にとって「働く」ことはどんな意味を持つんだろう?

 

自分と向き合う作業は比較的つらいものですが、自分の気持ちを紙に書き出し、今後のライフキャリアについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

ライフキャリアを考えてモヤモヤした気持ちを整理しよう

今回は仕事だけの人生にはしたくないという方に向けて、今後のキャリアの立て方について書いてみました。

 

・社会の状況を考えて、焦らず慎重にプランを立てる

・生理的安全性を第一に、自分の満たしたい欲求のレベルを上げていく

・年齢によって発生するさまざまな危機を想定し、理想のライフキャリアを描いてみる

 

経済状況が不安定の中、焦る気持ちだけが大きくなり、仕事だけの人生になってしまうような状況に陥る方も少なくありません。

 

僕自身も、会社のためだけに働くことに違和感を覚えています。

 

最低限のお金を得ることができれば、身体や心をすり減らしてまで働くこともないのになと思うことも多いのですが、それでも漠然とした不安から無理をしてしまいます。

 

転職や独立だけでなく、普段の生活を無事に過ごすためにも、生理的欲求と安全の欲求を満たせるような仕事に就き、ちょっとずつ理想の人生に近づいていきましょう。

 

また、こちらの本も参考になりますので、よければチェックしてみてくださいね。


 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA