仕事に行きたくない…単なる「怠慢」「甘え」ではないかを判断する基準とは?

上司のパワハラがひどい…会社に行きたくない…

私なんか会社にいても意味ないんじゃないかな…

 

人間関係の悪化や体調不良など、さまざまな理由で「会社に行きたくないな…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は心が傷ついてしまって悩んでいる方に向けて、危険なサインの見分け方と対処法について書いてみます。

仕事に行きたくない理由は人それぞれ

肩こりもひどいし、やる気も出ないし、なんだか今日は仕事したくない…

 

男女問わず、誰でも上記のようなことで悩んでしまいますよね…

 

どうにか会社に行っても体調が悪いことには変わりはなく、注意不足によりミスやトラブルがいつもよりも増えてしまいます。

 

周囲からは、「もっとやる気出してよ!」と叱られるため、「みんな頑張ってるのに私もやる気出さないと!」と自分も責めてしまうでしょう。

 

でも、これらは単に気の緩みからくるものなんでしょうか?

 

自分ではコントロールできない

できることならバリバリ仕事をこなしたいし、ミスもなるべくなら減らしたいものですよね。

 

それでも頭と身体がついてこないのは、自覚がないままメンタルを病んでしまっているのかもしれません。

 

脳が疲弊しているので、本来出せるはずのパフォーマンスが出せないほか、すぐに疲れてガス欠になってしまうことになります。

 

・少しだるいだけなので大丈夫です!

・もっとがんばります!

・少し休めば元に戻ります!

 

自分自身に言い聞かせるように上司に謝り、心を入れ替えて再び仕事に戻っても、同じようにミスをしてしまうことも多いです。

 

甘えや怠慢ではなく、「病気の可能性を疑う」ことが重要です。

 

「仕事に行きたくない」と悩みがちな人の特徴

メンタルを病んでしまう方の特徴として、完璧主義が挙げられます。

 

完璧主義とは、どんなことでも100点を目指してしまうような人のこと指します。

 

また、準備不足などを理由にしていつまでも着手できないというのも完璧主義の特徴のひとつといわれています。

 

いつでも完璧を目指しているので、ミスをしてしまう自分自身を受け入れられず、過度に自分のことを責めてしまうようになるのです。

 

周囲からのプレッシャー

周りからの評判を気にしすぎるあまり、プレッシャーに潰されてしまう方も少なくありません。

 

・どうしてこんなことをしてしまったんだろう…

・もうこれで「使えないやつ」認定をされてしまったはずだ…

・なんとか今日は乗り切れたけど、明日がくるのがたまらなく不安だ…

 

このような思考がループしてしまうと、「会社に行きたくない」という悩みが強くなってしまいます。

 

自分に期待しすぎない

仕事のミスに対して過度な罪悪感を覚えてしまう方は、自分に対する期待値が少々高い傾向にあります。

 

僕自身も、自分に対する期待値が高いあまり、些細なミスや指摘でかなり自分を責めてしまっていました。

 

・入社して3年目だし、これくらいのことはできて当たり前だろう

・周りの人にはなるべく嫌われたくないし、きちんとこなさないといけない

・できれば格好悪いところは見せたくないな

実際に文字にしてみると、見栄や虚栄心があらわれています…

 

正直いって、ADHDの僕が完璧な仕事がいつもできるとは到底思えません。

 

人の何倍もの注意力と時間を使っても、ようやく人の7割くらいの成果が出る程度なので、自分に対する期待値は低めに見積もっています。

 

他人の声は聞き流す

「自分に甘い!」「成長する気が感じられない!」など怒られることもありますが、自分を許すのは決して「甘え」ではありません。

 

・ミスをしてしまっても、これが自分なんだからしょうがない

・ミスをしないように対策をして、次に活かそう

 

自分を許すと「これでもいいんだ!」と思えるようになり、余計な緊張が減って仕事のパフォーマンスが向上します。

 

プロのスポーツ選手でも、過度に緊張していたら思うような成果は出せません。

 

一般の方であれば、なおさら心の平静を保つ必要があります。

 

良い意味で自分の期待値を下げて、そこから自分にできることを探し、生産性を保つようにしていきましょう。

 

「仕事に行きたくない」の程度も人によって違う

残業や暴言、マウントなどによって発生するやっかいなストレスを受け流せる人も多い一方、耐えられずに潰されてしまう人も少なくありません。

 

ストレス耐性は人によって異なり、それは性格や気質によって左右されます。

 

この2つは似ているのですが、以下のように区別されています。

 

1性格→先天的・後天的なものの両方が相互作用しながら作られるもの

2気質→生まれつきのもの

 

たとえば僕は「人見知り」ですが、同じように人見知りのことで悩んでいる人も多いでしょう。

 

このような「何らかの刺激に対する行動特性」は先天的な気質に由来するものが多いとされています。

 

このような「気質」を持ちながら、家族や学校、部活動やサークルといった環境の変化の要素が加わり、今の「性格」が作られるといわれています。

 

ストレスに弱い人がいて当たり前

人それぞれ容姿や身長、好きなファッションなどは異なりますし、良い意味での個性になります。

 

これらは少しその人と話せばわかることで、それらを揶揄する人もほとんどいません

 

でも、ストレス耐性のことをはじめ、メンタルに関してはわりとこのような「違い」が認められていないように思えます。

 

みんなは我慢できているのに自分だけが耐えられないなんて、甘えているだけなんじゃないかな…

 

たしかに多少の我慢が必要になるケースもあるのですが、仮に我慢できない場合であっても、それを恥ずかしいと思うことはありません。

 

たとえば、サバンナで生きることが当たり前のライオンは、寒い北国で暮らすことはできません。

 

これと一緒で、もし今自分にとってストレスが強い環境にいるのであれば、ストレスが少ない環境に移るのがベターです。

 

ストレスに弱い人もいれば、強い人もいて当たり前なんですよね。

 

人によって適応できる環境や、耐えられるストレスの範囲は違います。

 

ストレスに弱いことは決して悪いことではないので、自分なりの「身の守り方」を探してみてはいかがでしょうか。

仕事に行きたくないと悩むのは自分だけじゃない

今回は心が傷ついてしまい、会社に行きたくないと悩んでいる方に向けて、危険な特徴と対処法について書いてみました。

 

・自分の期待値を下げて、自己肯定感をなるべく下げないようにする

・完璧主義、生真面目の自分に気づき、過度な罪悪感を覚えないようにする

・無理に苦手な環境に適応しようとしない

 

真面目なことはとても良いことなんですが、今の世の中に当てはめると、それが足かせになるケースも少なくありません。

 

それに、ミスによって周りから「ダメなやつ認定」をされてしまっても、そこで人生が終わりじゃありません。

 

ミスをしたらきちんと謝り、メンタルを整えて改善していけば、そこまで大きな損失にはならないはずです。

 

過度に自分を責めないことを意識して、できる範囲で無理なく働きましょう。

 

それでも自分を責めてしまう方は、こちらも読んでみてくださいね。


 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA