仕事に身が入らない…今の仕事を辞めたあとにやりたいこと

「毎日休みなく働いているのに、上司からは怒られてばかり…」

 

仕事を続けていると、嫌な気持ちになったり、仕事を辞めてしまおうかと思うことも多いのではないででしょうか。

 

ネガティブなことが少なければ良いものの、ADHD・ASDさんの場合、何らかのミスやトラブルを引き起こしてしまうため、一般の人のようにさばけないことも少なくありません。

 

転職しようと思っているけど何をすればいいかわからない…

 

このまま続けるのも精神的に厳しい…

 

今回は今の仕事を続けるかどうか悩んでいる方に向けて、やりたいことの見つけ方、見つけたあとにやるべきことについて書いてみます。

 

焦りや不安で悩んでいる方は参考にしてみくださいね。

 

目次

  1. 仕事を辞めたら何をするのか
  2. やりたいことの見つけ方
  3. 素直な気持ちを紙に書き出して自分と向き合い続ける

 

仕事を辞めたら何をするのか

「仕事を辞めたい」と考えていても、「仕事を辞めたあとに何をしていいのかわからない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

 

転職活動をしてすでに内定をもらっている人は別ですが、残業の多さや体調不良が原因で辞めてしまう場合、やるべきことが決まっていないことって多くあると思います。

 

僕も心身ともに追い詰められてコンビニの仕事を辞めたあとは、やりたいことがわからずいつも焦燥感に駆られていました。

 

今もそれは大して変わらず、単に「仕事から逃げ出したい」といったネガティブな理由で辞めることばかり考えてしまっています。

 

冷静に考えてみると、普段仕事に割いている時間はかなり膨大で、1日の半分以上を費やすことも珍しいことではありません。

 

仕事を辞めるとそのような時間を取り戻すことができますが、無駄にしないようにするためにも、あらかじめ「自分のやりたいこと」を決めて置く必要があるんですよね。

 

やりたいことの見つけ方

やりたいことを見つけるためには以下のような方法があります。

 

・自分の価値観を把握する

・やりたくないことを挙げていく

・少しでも興味のあることを片っ端から実行していく

 

自分の価値観を把握することで、自分の興味の対象を知ることができます。

 

「価値観なんてわからないよ!」と悩む方もいるかもしれませんが、自分が好きなこと、大切にしていること、特にいらないものを書き出すことで少しずつわかってきます。

 

・一人で過ごすことが好き

・自分の目標に向かって努力するのが好き

・本を読むことが好き

・この先できるかぎり健康でいたい

・好きな人と生活したい

・お金も稼ぎたい

・大金持ちには興味ない

・自分の弱点が目立たない職場で働きたい

・むしろ組織に属しないで働きたい

・お互いを理解し合える友達がほしい

 

このように、自分の素直な気持ちを書いていきます。(恥ずかしいものですね…)

 

書いていて「これって矛盾してない?」と思うのもありますが、その辺りは優先順位をつけていくと比較的スムーズに進みます。

 

・一人の時間は好きだけど、ずっと一人でいるのもつらいから友達と合うのは月に一回程度でいいかなら

・仕事ばかりの人生は嫌だけど、仕事をしないで生きていくのもつまらないから仕事の量を調整できる職場に就きたいな

 

現実的にも白黒はっきりわけるのは難しいので、自分の気持ちに沿って整理していくといいでしょう。

 

自分の理想の生活がわかったあと、それを叶えられるような仕事を探していきます。

 

もちろん、自分にぴったりの仕事はなかなか見つけられません。

 

妥協も必要ですし、途中で自分の理想も変わってしまうこともあるでしょう。

 

でも、大きな失敗にはつながらないはずです。

 

少なくても自分の希望が1個くらいは叶っている仕事のはずなので、「すぐにでも辞めたい仕事」に就く可能性は低いはずですからね。

 

また、少しでも興味が持てるものを片っ端から試していくことも重要です。

 

お金や時間の問題もあるかもしれませんが、できる範囲で試していかないとせっかくのチャンスを逃してしまいます。

 

・心理学について詳しく学んで資格を取ってみる

・ギターを弾く時間を増やす

・親孝行する

・歯のホワイトニングをする

・温泉に行く

・おいしいスイーツを食べる

・新しいガジェットを買う

 

どれもやればできそうなものですが、なかなか叶えることができていません…

 

ただ、こうして書くことで頭の中の整理には役立ちますし、ちょっとした達成感を覚えることができるのでおすすめです。

 

仕事も重要ですが、プライベートもできるかぎり充実させたいのが本音です。

 

書くことで行動に移す意欲も湧いてくるので、遠慮することなく書いてみましょう。

 

なお、こちらの本には数多くの価値観が掲載されているので、困ってしまったときは参考にしてみてください。

 

素直な気持ちを紙に書き出して自分と向き合い続ける

やりたいことを見つけて希望の仕事に就いたとしても、それがずっと続くとは限りません。

 

転職当時は意欲に燃えていても、数年経てば当時のやる気なんてほとんどなくなっています。(経験済…)

 

また、実際にやってみて「なんか全然合わないし上司に怒られてばかりでもう辞めたい!」と考えてしまうこともあります。

 

少々厳しいかもしれませんが、先ほど書いた「価値観を把握する」という作業は生きている限りずっとやっていく必要があるんですよね。

 

そのときに大事なのが「やりたくないこと・嫌なことを書く」作業。

 

・上司に怯えたくない

・時間に追われたくない

・転勤や引っ越しなどはなるべくしたくない

・出社する日数が多い会社には行きたくない

仕事に関しては上記のようになりますが、趣味でも普段の生活の中でも「やりたくないこと」は比較的たくさんあると思います。

 

・時間がかかるような家事をしたくない

・苦手な友達と付き合いたくない

・時間に追われるような生活はしたくない

書いたからといって、すぐに解決できるわけではないですが、「私はこういうことが嫌なんだ!」と気づくことで具体的な行動に落とし込めるようになります。

 

上司に怯えたくないなら最低限の連絡で済ますようにする、ドライに割り切って付き合うなど、なかなか難しいのですが、できることはいくつかあります。(上司の態度や性格がひどければ転職したほうがいいかもしれませんが…)

 

怖い話ですが、普段何となく過ごしていると、嫌なことを嫌に感じているまま過ごしてしまうようになります。

 

嫌だなと思いつつも、同じような行動を取ってしまい、現状が変えられなくなってしまいます。

 

一種の茹でガエルみたいなもので、いつのまにか心と身体が病んでしまうことにもなりかねません。

 

嫌なことを減らす第一歩として、自分にとってストレスになることを書いてみましょう。

 

まとめ

今回は今の仕事を続けるかどうか悩んでいる方に向けて、やりたいことの見つけ方、見つけたあとに行うことについて書いてみました。

 

・あらかじめ仕事を辞めたあとのことを具体的に考えておく

・やりたいことを見つけるために自分の価値観を把握し、興味のあることを書き出す

・やりたくないことも書いて自分と向き合い続ける

今の仕事を続けるかどうかは自分次第で決まります。

 

他人に生殺与奪の権利を奪われてしまっては、やはり人生の満足度も下がってしまいますからね。

 

自分に自信を持つのは難しいですが、自分にとって負担が少ない仕事に就き、ストレスが少ない生活を送ればちょっとずつ改善されていくはずです。

 

僕自信も模索中で、やりたいことが何なのかいまいちわかっていない状態ですが、自分にできることから初めていこうかと思っていますので、一緒に前を向いて進んでいきましょう。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA