仕事のモチベーションが下がるのは心の病のせい?職場でできるうつ病対策

仕事中、集中力が途切れて効率が上がらない…

月曜日のことを考えると涙が出てくる…

 

仕事がつらいと毎日働くのがつらくなるほか、帰宅した後はヘトヘトでベッドに倒れ込むことも少なくありません。

 

また、貴重な休みの日でさえも「明日からまた仕事が始まるのか…」などと憂鬱な気持ちになり、眠るのが怖くなってしまうかもしれません…

 

今回は、仕事が嫌で、職場に行きたくないと悩んでいる方に向けて、つらい仕事との向き合い方や、普段から実践したいうつ病対策について解説します。

 

症状が重くなる前に、自分のことをメンテナンスしていきましょう。

【職場できるうつ病対策①】受け止め方を変える

どうしてこんな嫌な仕事を続けなきゃいけないんだろう…

 

職種や環境、職種などによって仕事のつらさはそれぞれ変わります。

 

単に「つらい」といっても、視点が偏っていたり、一面でしか捉えられていなかったりすると、解釈に歪みが生じるおそれがあります。

 

たとえば僕の場合、以下のようなことがあると「しんどい」と感じます。

 

・誤字や脱字などのミスがあり先輩から詰められる

・ハイクオリティーのものを短時間で作ることを求められる

・ほかの人達と作業時間やクオリティーの面で比べられる

・高すぎるノルマを与えられる

・いくらやっても半永久的に仕事が舞い込んでくる

・仕事を終えても感謝されない

・長時間労働が常態化している

・成長している実感が得られない

 

程度の差はあるかもしれませんが、似たような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか…

 

また、自分の中で思ったことを繰り返し頭に浮かべてしまうことを「セルフトーク」と呼び、無意識にネガティブなセルフトークをしてしまうと、うつ病などのメンタル疾患につながるといわれています。

 

リフレーミングで気持ちを落ち着かせる

嫌な出来事をどうとらえるのかという、自分の「思考のクセ」、つまり物事の受け止め方を変えることで現在の悩みが軽減するといわれています。

 

たとえば、周りの人と比べられる、短時間で質の高い成果物を作るよう求められるなど、このような事実は変えることができません。

 

しかし、「嫌だなあ…」といいう受け取り方・感じ方は変えられます。

 

ネガティブな捉え方をすべて否定することは難しいですが、バランスの取れた受け止め方に変えることは可能です。

 

【嫌なことがあったときに行う思考の変換の例】

・自分の実力がつく

・苦手なパワハラ上司との距離の取り方について学べる

・ストレス耐性が身に付く

 

物事の捉え方を変えると、少しだけポジティブな感情が芽生えてきますね。

 

これはリフレーミングと呼ばれる方法で、物事の枠組み(フレーム)を変え、物事に別の視点を持たせることで、ネガティブな側面をやわらげるという認知行動療法のひとつになります。

 

そうはいっても、簡単にはフレームを変えて物事を捉えることはできません。

 

また、自分の思考のクセに気づくことも少々難しいといえます。

 

悩んだときは、「また悪い思考のクセが出てきてしまったかも!」と気づき、できる範囲で修正していきましょう。

 

【職場できるうつ病対策②】ネガティブな感情を否定しない

会社を辞めたい、上司が嫌いといった感情は、口にしないだけで誰でも持っているものですよね…

 

自分だけではないからといって、「みんな同じように悩みながら働いているのだから我慢しなきゃ!」と自分に言い聞かせる必要はほぼありません。

 

・自分は今仕事を辞めたいと考えているんだ

・上司のことが嫌いでどうしようもないんだ

 

このように、ネガティブな感情が出てきてしまったときは、自分の気持ちを正直に受け入れることが重要といえます。

 

否定するのは「不適切な行動」

仮に否定してしまうと、「ネガティブなことばかり考えてしまうなんて、こんなだから私はダメなんだ…」と自分のことを責めてしまうようになります。

 

このとき、否定すべきなのは「ネガティブな感情」ではなく、ネガティブな感情によって生まれる「不適切な行動」です。

 

・自分を責めてしまうことでやってしまう自傷行為や反芻思考

・やりきれない気持ちを晴らすために行う破壊行為や迷惑行為、各種ハラスメント

 

いくら自分がつらいからといって、自分の身体や他人を傷つけていいことにはなりませんよね…

 

また、反芻思考がクセになってしまうと不安障害やうつ病などの疾患につながってしまうため、それを断ち切るためにもどんな自分でも受け入れる考え方を身に付けることが大事です。

 

ポジティブな一面を見つける

仕事ではミスばかりだし、上司も理不尽なことばかりいってくるし、もう限界…

 

どうしようもないことばかり続くと、自分自身に嫌気がさし、そのまま会社を去ってしまうことになりかねません。

 

でも、本当に全部がボロボロなんでしょうか?

 

たとえば、ミスは多いけど職場ではいつも親切にしているという人の場合、知らないうちに組織内の人間関係の調整約を担っていることがあります。

 

また要領が悪く、いつも上司に怒られている人でも、いつも前向きな姿勢をお客さんに買われ、大口の契約を結ぶケースも少なくありません。

 

本人は気づいていないだけで、組織に良い影響を与えたり、大きな利益に貢献できたりすることも多いのです。

 

周りの人は、もしそのようなポジティブな面を見つけることができたときは、その点を褒めてあげてみてはどうでしょうか。

 

【職場できるうつ病対策①】自分を肯定する

周りの人が大きな成果を出したときや、逆に自分だけが思うような成果を出せていないときは、大きな不安や焦りを覚えてしまうものです。

 

特にメンタルが不調のときは、そのような空気に敏感で、無意識に自分のことを追い詰めてしまうケースも珍しくありません。

 

だけど、これは一流の人が集うプロの世界でも同様に起こり得ます。

 

 

個性・能力は人それぞれ違うもの

冷静に考えれば、全員がエース級の能力を持っているチーム・会社というのはほぼありえません。

 

なかなか結果を出せずに悩んでいる人もいれば、ケガや病気で離脱している人もいるでしょう。

 

だからこそ、そのときの自分にできる仕事を精一杯することが大事です。

 

たとえ単なるコピー取りでも、簡単な書類作成でも、会社にとっては利益につながる大事な業務のひとつです。

 

ミスが多くても、短時間の労働時間であったとしても、周りの人がリカバーできる範囲であれば、組織に貢献していることになります。

 

いつも一生懸命取り組んでくれありがとう。何か困ったことがあれば相談乗るからね!

 

もし僕が上司に立場であれば、悩んでいる部下にはこんな言葉をかけてあげたいです。

 

やって当たり前、できて当然のことなんか何ひとつありません。

 

多かれ少なかれ、苦労や苦しみを乗り越えないと、望む結果は出せません。

 

今の自分にできているところを改めて確認し、自分を肯定しながら作業にあたりましょう。

 

職場での行動や考え方を変えて、うつ病などのメンタル疾患を防ごう

今回は仕事がつらい、職場に行きたくないと悩んでいる方に向けて、つらい仕事との向き合い方について解説しました。

 

・自身の受け止め方を変えて、できる範囲でリフレーミングをする

・ネガティブな感情を否定せず、そのまま受け入れる

・自分を肯定するために、できている部分を見つける

 

今の自分ができていることを見つけることは、新人の方はもちろんベテランの方でも有効な取り組みです。

 

特にメンタルの調子が不安定な方は、自分ができないことに目を向けがちです。

 

限界の場合はすぐに転職するのがベターですが、改善の余地があるという場合は、できている自分の肯定しつつ、少しずつ前に進んでみてはどうでしょうか。

 

また、こちらの本も参考になりますので、よければチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました・

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA