仕事辞める?目標に向かって行動できなくなったときにやること

仕事の効率を上げて、もっと新しいことにチャレンジしたい!

 

このような向上心を持ち、いろいろなことにチャレンジする方は多いと思いますが、実際にやり始めると頭の中に余計なことが浮かんできてしまうものです。

 

 

・今更始めても意味ないかな…

・私よりもすごい人はたくさんいるし…

・全然成果が出ないからやめようかな…

 

このようなマインドレス(目の前にあることに集中できない状態のこと)の状態になってしまうと、せっかく掲げた目標にたどり着けなくなってしまいます。

 

今回は、自分の立てた目標に着実に進めるようになる方法について解説していきます。

 

余計なことを考えないで目標を達成したい!

 

このような悩みを抱えている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

  1. ニュースの情報を一時遮断する
  2. 本当に大切なことだけを意識する
  3. 新しいことにチャレンジすること自体が尊い

 

ニュースの情報を一時遮断する

テレビや雑誌、インターネットなど、僕たちの周りにはありとらゆる情報媒体が転がっています。

 

意識的に見ている方もいれば、無意識に見てしまっているという方も多いでしょう。

 

世間の流れを知るために情報を得るということは大事ですが、余計な情報まで取り入れてしまうとそちらの方に意識が向いてしまいます。

 

そのため、一時的でも構わないので「ニュースを断つ」ということが必要になります。

 

本当に大切なことがわからなくなる

TOEICや国家試験、筋トレや健康など、今の自分をより高めようとする手段は数多くあります。

 

できれば1つでも多くのことをやってみたいものですが、時間やお金は有限なので、その中から選んでやっていくことになります。

 

世の中に流れている情報や人の心を煽ってくるニュースに意識が向いてしまうと、せっかく選んだものに自信が持てなくなってしまうようになります。

 

・TOEICの勉強をしているけど、やっぱり通訳の資格の勉強をした方がいいのかな?

・ダイエットのために野菜中心の生活を送っているけど、お肉を食べても太らない方法があるって本当?

 

状況にもよりますが、自分が選んだやりたいことを途中で投げ出してしまうのは少しばかりもったいない気がしてなりません…

 

向いていないこと、その効果が得られないことがはっきりわかっているのであれば良いものの、世間の雑多な情報に踊らされて自分のやっていることを変えてしまってはまた同じことを繰り返すことにもつながります。(お金や時間もかかりますし…)

 

また、注意力はもちろん集中力もその情報に持っていかれてしまうようになるので、普段の仕事や作業にも支障をきたすようになってしまいます。

 

もっとひどくなると、自分の脳が「雑多なものに反応しやすくなる脳」になってしまうので、自分のやるべきことを一度決めたらなるべく外部からの情報は得ない方がいいと言えるでしょう。

 

新しいことにチャレンジすること自体が尊い

ニュースを見ていると、たまに成功者と呼ばれる方の記事が目に留まります。

 

年収1億円とか、海外に別荘があるなど、自分とは縁のない世界だな笑と澄ました顔で見ているのですが、このような生地をたくさん見るとそれが頭から離れなくなってしまうようになります。

 

それと同時に、「自分も頑張っているのにどうして成果を出せないんだろう…」と学習性無力感を覚えてしまうようになります。

 

学習性無力感とは長期間強いストレス(頑張っているのに報われない、報酬を得らないという状況など)がかかっていると、次第に行動を起こすことをやめてしまうという状態のことを指す言葉です。

 

他人が出す結果など、自分でコントロールできないようなことに意識が向いてしまうと、この学習性無力感に陥りやすいと言われています。

 

多くの情報に触れていると、自然にそのような「キラキラした美談」みたいな記事を目にしてしまうようになるので、やはりニュースを断つことは有効な手段といえます。

 

ニュースをまったく見ないことは難しいのですが、「一日に見る回数を制限する」「決められたソースに限定する」といった方法であれば比較的簡単にできます。

 

また、ニュースの代わりに本を繰り返し読むという方法も有効です。

 

ニュースを見る時間を削り、空いた時間で本を読むようにすれば、雑多な情報ではなく「自分から取りにいった情報」だけを得ることができるようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

今回は自分の立てた目標に着実に進めるようになる方法について解説しました。

 

・ニュースの情報を一時遮断して、主体的に情報を取りにいく

・雑多な情報に目を向けず、本当に大切なことだけを意識して行動する

・新しいことにチャレンジすること自体が尊いので、世間から注目されている「成功者」の情報はなるべく得ない

 

ついつい目に入ってしまう世間のニュース。

 

好奇心をかられてしまうような煽り文句も多いので、やはりどうしても気になってしまいますよね。

 

しかし、注意力もそがれてしまうし、焦燥感も覚えてしまうようになります。

 

自分のやりたいこと、達成したい目標を叶えるためにも、一度雑多な情報から距離を置いてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの本にも詳しいことが書かれていますので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA