休み・ミスの原因は甘え?自分を責める「責めグセ」の改善方法とは?

仕事を休むのは「甘えだ」って先輩にいわれた…

ミスをしてしまったけど、やっぱり自分が「甘え」ているせいなのかも…

 

ミスをしたこと、あるいは休むことに対して、「それは甘え」と一言で片づける方も少なくありません。

 

特にADHDさんやASDさんはミスの頻度も多く、責められる回数も増えてしまうのではないでしょうか。

 

今回は、甘えと決めつける理由と甘えかどうかの判断基準について解説します。

 

また、自分のことを責めてしまう「責めグセ」の対処法もご紹介しますので、お困りの方は参考にしてみてくださいね。

本人が甘えているかどうかは関係ない

遅刻や欠勤、ミスやトラブルなど、「本人の甘え」を理由にして責められることは多く、本人が甘えているかどうかは関係なくさまざまなシーンで見られます。

 

ただ冷静になって考えて見ると、実際に甘えている人はごく少数ではないでしょうか?

 

社会に出れば、ほとんどの人がそれなりに責任を持って仕事に取り組むはずだし、甘えながらできる仕事なんてほぼありません。

 

そもそも「甘え」とはいったいどんなものなのか、明確な定義もありません。

 

「甘え」を使って責めてくる原因

甘えを理由に責めてくるのは、おそらく叱る側の常識や価値観が関係しているとされています。

 

「遅刻は自己管理ができないから」

「ミスは気の緩みが原因だから」

 

自己管理や気の緩みなど、たしかに理由のひとつにはなりますが、おそらくほかの理由も絡み合って遅刻やミスなどが発生していると考えるのがスマートです。

 

・オフィスが騒々しいなど、集中できない環境で仕事をしている

・長時間の残業が続き、睡眠時間が確保できていない

・家庭のトラブルが続き、そちらに意識が向いている

 

どれを見ても甘えとはいえず、むしろ本人は普段以上に頑張っているといえます。

 

もちろん、「休日に友達と飲みすぎてしまって遅刻をした」といった場合は自業自得ですが、そのような人はそもそも「甘え」かどうかで悩むことはほとんどありません…

 

真面目な人や、責任感の強い人ほど「甘えている」と判断し、ひどく悩む傾向にあります。

 

できない理由を「甘え」で片づけてしまうのは、現代社会ではもう通用しないのかもしれませんね。

 

「甘え」で片づける上司や先輩が多い理由

悲しいことに、多くの会社には「甘えている」ことを理由に責めてくる上司や先輩が一定数います。(もちろん全員ではありません)

 

人それぞれ価値観や考え方が違うため、そのような人に当たった場合、多くのストレスを抱えながら仕事をすることになるかもしれません。

 

僕自身、約6年ほどパワハラ上司と一緒に仕事をしてきましたが、「甘えてんじゃねえよ!」と詰められたことは一度や二度ではありません。

 

甘えているのは上司

実際に詰められると委縮して思考が止まり、「やっぱり自分は甘いんだ…」と強制的に思い込んでしまうことも少なくありません。

 

・この上司に逆らってはいけない…

・甘えた自分を直さなきゃいけない…

・もっともっと頑張らないといけない…

 

自分を追い詰める「自責グセ」がついてしまう原因にもなるので、甘えといってくる上司からはなるべく距離を置く必要があります。

 

また、甘えていると言われた本人ではなく、甘えという言葉を使って攻撃してくる人の方が「甘え」ていることが多いです。

 

「これくらい言ってもこいつなら何も言わないだろう」と、無抵抗な人に「甘え」ているからこそひどい言葉を吐けるんですよね。

 

耐えている人の方が大人

パワハラを繰り返す上司は、まるで子どものように自分の気の向くままに言葉を吐きます。

 

幼少期に親の愛情を受けられなかったアダルトチルドレンの可能性もあり、これは正しいやり方で根気よく治療を続けていかないとなかなか改善されないやっかいな人・状態とされています。

 

アダルトチルドレンも大変な経験をしているのですが、やはりアダルトチルドレンの部下としてパワハラに耐えている人の方がよっぽどつらい状況といえます。

 

「甘え」で悩んでいる人はむしろ頑張り屋さんで、優しい心の持ち主の人がほとんどです。

 

「甘え」ている先輩・上司とは距離を取り、自分のことを大事にしてあげましょう。

 

「甘え」を武器に責めてくる上司と距離を置く方法

異動・転職といった手段を取ることができればいいのですが、それぞれ手間と時間がかかるほか、すぐにできるものではありません。

 

転職したくない人もいるはずですし、さまざまな理由でその場を離れられない人も多くいらっしゃいます。

 

ここからは、そのような上司や先輩と距離を取り、うまくやり過ごす方法について解説していきます。

 

最低限の業務連絡にする

上司や先輩である以上、一切の連絡を絶つことはできません。

 

メールやチャット、電話などさまざまなツールを使って連絡を取る必要がありますが、細かく連絡する必要はありません。

 

報告の頻度を減らしたり、テキストベースのやり取りだけにするなど、ちょっとでも「上司や先輩の存在」を頭から消す時間を増やすことが重要です。

 

もちろん、不愛想な態度を取る必要はありませんし、感謝の気持ちを伝えることは忘れてはいけません。

 

ただ、一つひとつの言葉をその都度考えるのは想像以上に大変なので、事前に決めておくと良いでしょう。

 

コミュニケーションの文面をある程度決めておく

・相談に乗っていただきありがとうございます

・先ほどは申し訳ございませんでした

・引き続き作業を進めてまいります

・○○とおっしゃていましたが、このような認識で合っていますか?

・かしこまりました

 

上記のような言葉だけでも、十分にコミュニケーションを取ることができます。

 

ちなみに、僕は「!」などの感嘆符を過剰に使う人が苦手です。

 

なぜなら、普段は「ありがとうございます!」みたいに「!」を付けているのに、そのときだけ「ありがとうございます」といった感じで使わなくなると、かなりの恐怖を覚えるからです。

 

・なにか気に障ること言ったかな…

・ミスがあったのかな…

・怒らせてしまったのかな…

 

「!」がないだけで、一気に冷たい印象に仕上がってしまうので、相手に余計な心労をかけないよう、僕自身はなるべく使わないようにしています。

 

テキストベースでは、気をつけることは多いものの、直接話すことに比べれば若干ですが負担は減ります。

 

機嫌が良いときなど、提案できるチャンスがあれば連絡の頻度や方法について一度上司に相談してみてはいかがでしょうか。

 

甘えていると悩む人こそ報われる社会へ

今回は、上司や先輩から「甘え」といわて悩んでいる方に向けて、甘えで苦しむ必要はないということのほか、甘えと言ってくる上司・先輩の対処法について書いてみました。

 

・体調や環境など、甘えだけでは説明できない要素がたくさんある

・甘えではなく、正当性がある理由で困っている

・甘えといってくる上司や先輩からは距離を起き、連絡の定型文を使ってやり取りする

 

甘えを理由に責めてくる上司や先輩に悩む人は多いかと思います。

 

僕自身も悩んでおり、心無い言葉を吐く上司や先輩に傷つけられながら日々働いています。

 

転職して今の場所から離れられたとしても、転職した職場にそのような先輩や上司がいることも考えられるので、今のうちに自分に合った対処法を知っておくことが重要です。

 

自分のことを守れるのは自分だけ。

 

メンタルを病まないためにも、自分自身に優しい言葉をかけて適切に対処していきましょう。

 

自分の言葉を意識的に変えるには、こちらの本が参考になりますのでよければチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA