偶然に任せても大丈夫?キャリアづくりの意外なポイントとは?

転職活動しているけど、なかなか決まらない…

やりたい仕事に就いたけど、全然向いてなかった…

 

きちんと人生の計画を立てて行動していても、想定外のトラブルによって、予期せぬ方向転換を強いられることも少なくありません。

 

自分が目指していた方向から逸れてしまい、「何かおかしいな…」と違和感を覚えてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、理不尽な出来事でキャリアの方向性を見失ってしまった方に向けて、トラブルに翻弄されないキャリアプランの作り方について解説します。

【キャリアプランのポイント①】偶然の出来事を利用する

会社に行こうとしても、ベッドから起きられない…

 

体調不良や経営不振によるリストラ、理不尽な異動など、生きていると予期せぬトラブルに遭ってしまうことも少なくありません。

 

いつもの冷静な自分ではいられなくなり、そのようなときは焦って変な考え・行動を起こしがちです。

 

そのためキャリアについて考える場合、やはりこのようなトラブルが起こることをあらかじめ把握し、それをうまく利用して対処していく必要があります。

 

予期せぬ出来事をうまく活用する

キャリア開発と職業選択に関する社会学習の研究をしているグランボルツ教授は、「キャリア形成は、偶然起きる予期せぬ出来事によって開発されるもの」と定義しています。

 

また、「予期せぬ出来事を自ら積極的に作り出すことも大事」とさえいっており、「予期せぬ出来事」を比較的ポジティブにとらえていることが伺えます。

 

この予期せぬ出来事は、まったく予期できないものではなく、自分の行動や経験からある程度把握できる範囲の出来事です。

 

仮に不運なことがあったときでも、冷静に考えて行動していくことで、自分の重要なキャリアにすることも可能です。

 

仮にリストラされてしまっても、家族を養うために就いた短期のアルバイトで、理想の仕事に巡り会えることも少なくありません。

 

しかし、ただ単に作業をこなしているだけではその仕事の魅力に気づくことができません。

 

予期せぬ出来事を自分のキャリアにできるかどうかは、やはり自分の心持ち次第といえるのかもしれません。

 

明確なプランは必要?

有名な大学を卒業して大手企業に入り、昇進して活躍する。

 

まだ学生だったころ、僕はこんなライフプランを考えたときがありました。

 

しかし、現実は厳しいものです。

 

大学を卒業した後に入った地方の中小企業を3ヶ月でクビになり、自分のみじめさを実感することになりました。

 

その後、2回の転職と体調不良による休養を経て、どうにか社会人として復帰することができました。

 

当時は未来のことが何も見えず自暴自棄になっていましたが、今になって思えば、「20代のうちに経験できてよかったな」と自分自身のことを冷静に見れています。

 

「今の自分」は、過去の自分がやってきたことの積み重ねによって作られています。

 

世の中の変化もありますし、人の価値観も変わるため、「必ず○年後には■■という目標を達成する!」みたいなものはなくてもいいのかもしれません。

 

むしろ、今日という1日を後悔なく生きる方が大事ですよね。

 

毎日の積み重ねから得られる「学び」によって、自分の未来は変わっていくのかもしれません。

 

【キャリアのポイント②】周囲の期待に応えない

・せっかく就いた仕事なんだから、もう少し続けてみてもいいんじゃない?

・どこの会社も一緒だから、転職したってさほど変わらないよ?

・やりたいことが見つかったなら、思い切ってチャレンジしてみたら?

自分のやりたいことと、今やっていることが違う場合、今の仕事を続けるかどうか悩んでしまいますが、基本的にいろいろな意見を参考にして決断します。

 

自分の行動や考え方に賛成する人がいる一方、反対する人も少なくありません。

 

なかには、自分の意見を通すことが苦手で、ついつい周りの意見に合わせてしまう人も多いでしょう。

 

そのような人は、燃え尽き症候群(バーンアウト)になってしまうことがあります。

 

周囲の期待に応えようと自分を限界まで追い詰めてハードワークをしてまうんですよね。

 

軌道修正は「妥協」じゃない

バーンアウトの一歩手前になり「もう辞めよう…」と思っても、自分の気持ちと周囲からの意見の違いで悩むことが多々起こります。

 

・今の仕事が嫌だから辞めるなんて甘えじゃない?

・つらいのはみんな一緒だよ?

 

新しいことを始める前に、自分のネガティブな気持ちを否定されてしまうことも珍しくありません。

 

むしろ、こちらのケースの方が多いという印象さえあります…

 

しかし、自分の人生は自分のものであり、「つらさ」の基準は他人が決めるものではありませんよね。

 

軌道修正と考える

そのような場合は、ネガティブな気持ちも全部含めて「軌道修正」だと考えてみてはいかがでしょうか?

 

やりたいことをやるために仕事を辞めることも、嫌な職場から逃れるために今の仕事を辞めることも、結果だけ見れば同じです。

 

「逃げ」だと決めつけられて否定されてしまうことも多いのですが、単なる人生の軌道修正ともいえます。

 

もちろん軌道修正をすることもある程度のリスクは伴いますが、「自分の成長」につながるものだと思えば、少しくらいは許容範囲といえます。

 

・妥協でも負けでもない

・周囲への期待も関係ない

心の中で折り合いがつけられるものであれば、きっと良い結果につながるはずです。

 

難しいことではありますが、不遇な出来事も味方にして、理想のキャリアを作っていきましょう。

 

偶然をうまく利用してキャリアを積み重ねよう

今回は、理不尽な出来事でキャリアの方向性を見失ってしまった方に向けて、トラブルに翻弄されないキャリアプランの作り方について解説しました。

 

・偶然の出来事を意味のあるものだと考えて利用する

・不遇な出来事も学習の場として考える

・周囲の期待に応えず、柔軟に軌道修正していく

 

リストラ・倒産・異動など、生きていると何らかの不運な出来事に巻き込まれることがあります。

 

一見すると不幸なイベントと思えるものでも、冷静に考えれば、自分のキャリアを見直すチャンスかもしれません。

 

これから起こる出来事は、自分の心持ち次第で良いものにも悪いものにもなる。

 

偶然を味方につけて、より良いキャリアを作っていきましょう。

 

こちらの本も参考になりますので、よければチェックしてみてくださいね。


 

今回はご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA