実績がない私でも転職できる…?転職時に注意するポイントとは

転職したいけどアピールできる実績がない…

職務経歴書がうまく作れない…

 

特に目立った実績もなく、書類や面接でアピールできるところがないと悩む方も多いのではないでしょうか…

 

僕自身、20代のうちに3回転職をしており、その都度「何もアピールするとことがない…」と悩みながら面接に漕ぎ着けさせていました。

 

今回は、転職のときに必要なアピールポイントの見つけ方について書いてみます。

 

転職を考えていない方はもちろん、転職活動中の方は参考にしてみてくださいね。

転職活動中は人と比べない

活躍したこともないし、アピールできるところが全然見つからない…

 

転職の際、履歴書や職務経歴書を作ることになりますが、思うように進まないことも多いですよね…

 

・売上〇〇万円達成!

・集客率◯%達成!

・〇〇年、社長賞受賞!

 

上記のようなわかりやすい成果を出せればいいのですが、日々の仕事をこなすことで精一杯で、そんな成績なんて何も残せていないというケースも少なくありません。

 

だけど、こういう目立った実績って本当に必要なんでしょうか?

 

明確な数字が出ない仕事もある

直接会社の売上につながる営業や販売の仕事以外にも、組織に必要な仕事はたくさんあります。

 

事務や経理、カスタマーサポートなど、いわゆる「裏方」と呼ばれる人がそれぞれの職務を果たしているからこそ、会社というのは円滑に回っています。

 

逆にいえば、この人たちがいないと組織はうまく回りません。

 

広い意味では売上に貢献していることになりますが、具体的に説明するのは難しいので、以下のような形伝える必要があります。

 

・業務上、必要な工数を減らして作業効率を◯%アップさせました

・その結果、会社全体の残業時間も月平均◯時間から▲時間まで減らすことができました

少しでもわかりやすくするために、数字を出せるところは出していった方

がより伝えやすくなります。

 

自分がやってきたことには価値がある

こんなこと書いても有効なアピールにならないんじゃないかな…

 

自分が書いた職務経歴書を読み返し、不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

でも、自分が一生懸命取り組んできた結果であれば、堂々とアピールすれば良いと僕は思っていますし、誠意を持って話せば面接官の方もわかってくれるはずです。

 

実際に僕も面接官として面接の場に臨んだことがありますが、堂々とアピールしてくれる人はそれだけで頼もしさを覚えます。

 

他人を軸にして考えるのではなく、自分を軸にして考えて、それを会社の利益貢献に活かせるのかを丁寧に伝えるのがポイントです。

 

もちろん、まったくの嘘を書くのはNGで、もし書いたとしても面接のときにバレます笑

 

不安なときは信頼できる転職エージェントに頼り、良いアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。

 

転職する前に【工夫する】習慣をつける

日々の仕事の中で何らかの工夫を行い、それをアピールポイントにするのも有効です。

 

だけど、工夫をしているところといってもなかなかすぐには見つけられませんよね…

 

それらを見つけるにはやはり普段の仕事内容を1つずつ洗い出す作業をしていく必要があります。

 

・今まで使っていなかったツールを使ってみる

・これまでの作業手順を変えてみる

・独学で新しいスキルを身に付ける(エクセルのマクロやショートカットキーの導入など)

・新しいトークスクリプトを作る

・不要な作業を見つけて削除する

 

もちろん、工夫したからといって良い結果が出るとは限りません。

 

だけど、工夫しないと今の状況は変わりませんし、工夫することで「自分の対応理力」がつき、やがて大きな結果を生み出します。

 

大事なのは、それらの工夫をしようと思った動機と取り組んだ過程、それによって得られた学びや生み出した結果です。

 

自分自身の魅力が伝わるものがあれば、遠慮なく使って面接の通過率を高めていきましょう。

 

転職前にマネジメント経験を積む

30〜40代に入ると、後輩や部下などのマネジメントをする機会が増えます。

 

ベンチャー企業やスタートアップ企業では20代で管理職となる方も珍しくなく、チームリーダーとしてメンバー全員を引っ張る方も少なくありません。

 

また、マネジメントしながらプレーヤーとして活躍するプレイングマネージャー方もいて、組織での役割は多様化が進んでいるといえます。

 

マネジメント経験の有無

面接の際に、マネジメント経験を問われることがあります。

 

特に30代の場合、マネジメント経験の有無が重要で、多くの企業がマネジメント経験がある人を優遇しています。

 

その組織で一定以上の評価をされているという証明にもなり、転職先でも同じ管理職として働きたいと希望する方も少なくありません。

 

しかし、あまり目立った成績を出せていない、あるいは上のポストが空いていないなど、管理職の立場になれない方も多いです。

 

そのような場合は、「自分で勝手にマネジメント経験を積む」という方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

外部で仲間を作る

仲の良い人と数人のグループを作り、何か新しい企画を立ち上げて、そこで指揮を取ってマネジメント経験を積んでいるという方も珍しくありません。

 

上司の許可が必要になるかもしれませんが、結果的に会社の利益につながる可能性があるのであれば、許可してくれる可能性は高いといえます。

 

少々古めの社風だとちょっと難しいかもしれませんが、提案するだけなら大きな問題はありません。

 

また、副業を通じて仲間を増やし、そこのリーダーとして活躍している人も多いです。

 

自分なりのやり方でマネジメント経験を積み、志望している会社にアピールしてみてはいかがでしょうか。

すごい実績がなくても転職できる

今回は、転職を考えているADHDさんに向けて、転職のときに必要なアピールポイントの見つけ方について書いてみました。

 

・人と比べないでアピールポイントを探す

・工夫している点を見つけ、それを企業の課題改善につながるようにアピールする

・マネジメントの経験がなければ自分で作る

 

企業にアピールできるものがないと、悩んでしまう方は少なくありません。

 

僕自身も目立った成績がなく、書類づくりに苦戦して嫌になったことがたくさんあります…

 

転職するのか、それとも独立するのかも、完全には決めきれてはいませんが、いずれにせよ、自分の決めた決断には後悔しないようにしていきたいものですよね。

 

転職のことで悩んでいる方は、経験豊富な転職エージェントを頼ってみてはいかがでしょうか?

 

不安なこともたくさんあるかとは思いますが、一緒に前に進んでいきましょう。

 

また、こちらの本も参考になりますので、よければチェックしてみてください。


 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA