最近体の調子が悪い…ストレスが溜まったときに出る不調のサインとは?

長時間の残業がなくならない…

上司から理不尽なことで怒鳴られる…

 

仕事をするうえで、どうしても避けることができないストレス。

 

パフォーマンスの向上など、適度なストレスであれば身体に必要とされていますが、これが少しずつ増えていくと突然体調が崩れてしまうことも少なくありません。

 

今回はストレスとの正しい付き合い方について解説していきますので、仕事や人間関係などのストレスに悩んでいるADHD・ASDさんは参考にしてみてくださいね。

不調のサインを見逃さない

あいつは根性がないやつだよな…

これくらいで休むなんて空気が読めない人間だよな…

 

僕は昔、このような発言をする上司のもとで働いていたことがあり、多少熱が出ても休むことができず、薬を飲みながら営業活動を行っていました。

 

身体やメンタルの強さは人によってそれぞれ異なり、根性論だけでは解決することができません。

 

また、身体的な症状だけではなく、心のケアも重要です。

 

心が病んでしまうと、身体にちょっとした悪い変化が生じます。

 

これは、頭痛や吐き気といったわかりやすいものではなく、主に日々のちょっとしたことができなくなってしまうというのが特徴です。

 

不調のときに出る3つのサイン

心のエネルギーが不足してきたとき、以下のような行動を取ってしまい、仕事や生活がうまくいかなくなってしまうことがあります。

 

・アルコールの量が増える

・欠勤や遅刻が増える

・ミスやトラブルが増加する

上記のような行動や状況が2週間以上続く場合、「うつ病」や「慢性疲労」などの可能性が高いといわれています。(もちろん、ほかの可能性もあるので一概にはいえません)

 

このような兆候・症状を改善させないまま放置する方も多く、ますます悪化してしまうケースも少なくありません。

 

・ミスが続いているし、会社に行きたくない…

・休んでも誰かに迷惑をかけてしまうし、休めない…

・仕事しないといけないのに、したくない…

・なんで自分はこんなに仕事ができないんだろう…

こんな風に自分を責めてしまうようになるため、心身の不調にいち早く気づくことが重要であり、心が弱っていることに自覚を持つ必要があります。

 

いつもと違うような感覚に気づいたら、メンタルの改善を図ったり、休暇を取ったりして、自分のことを客観的に見直すようにしましょう。

 

ストレスで生まれる不調の怖さ

ストレスが身体やメンタルに与える影響は大きく、それが積み重なるとやがて体調を崩し、働きたくても動けなくなるおそれがあります。

 

長時間の残業が続くと、「なんで私はこんなことばかりやってるんだろう…」と自分の存在価値もわからなくなってしまいます。

 

「もうダメ!仕事辞めよう!」と決めたところで、お金や人間関係のことなど多くの悩みが膨らんでしまい、今の職場から離れられないという方も多いのですが、それが長期間続いてしまうのは少し危険なことかもしれません。

 

ストレス耐性の違い

どれくらいのストレスに耐えられるのかをあらわすストレス耐性。

 

このストレス耐性は人によってそれぞれ異なり、体調を崩すほどの影響が出てしまう人もいれば、特に問題なく過ごせる人もいます。

 

連日残業が続く多忙な仕事でもこなせてしまう人がいる一方で、体調不良で短期の離職を繰り返す方いるのも仕方のないことです…

 

仮に残業がほとんど発生しないホワイト企業に入っても、自分のことを否定されるようなパワハラを受けてしまうと、それが大きなストレスとして身体にダメージを与えます。

 

残業はないけど、上司との相性が悪い…働くのってけっこうしんどいかも…

 

こんな風に思うのも仕方のないことかもしれませんが、ストレスはその人の受け止め方や気質、体力や対処能力によって異なるので、どうか自分を責めるようなことはしないでください。

 

周囲が責めてきたとしても、どうしようもない状況であればすぐに退散するのが懸命です。

 

ストレスの誤解

ストレスは身体に大きな影響を与えるものですが、ストレスをゼロにしようと逃げてばかりいるのも好ましくありません。

 

ストレスがまったくない状態では生活にハリが生まれないうえに、大事な場面で自分の力を出し切れなくなってしまいます。

 

また、上司が部下の業務量ばかりを注視して、その人のモチベーションや能力を考えずに仕事を振ってしまうのも困りものです。

 

業務量が減って負担が少なくなったとしても、苦手な仕事であればモチベーションも上がらず、結局ストレスが増えてしまうことになります。

 

職場で働くためには、業務や職務が悪いストレスとならないようにする仕組みづくりが重要です

 

上司と部下の関係維持に必要な「ラポール」の重要性

メンタル疾患の程度はもちろん、それが表面化する時間も人によって異なります。

 

段々と不快な症状が出てくる人もいれば、一気に発症する方も少なくありません。

 

普段の行動や仕草である程度把握することができますが、上司や先輩など周りの人が一方的に決めつけてしまうと、それらのサインを見逃してしまうかもしれません。

 

部下の本音を把握する

ちょっと元気なさそうだけど、この間も「元気なので大丈夫です!」と返事をしていたから問題ないだろう

 

もしかしたら、このように思っている上司・先輩の方々も多いのではないでしょうか…?

 

僕自身もそうですが、一度でもキレられたり、罵詈雑言を浴びせられた上司から声をかけられても、簡単に心を開くことができません。

 

そのため上司・先輩の方々は、部下に声をかけて返事を聞くよりも、その前段階にある信頼関係(ラポール)を築かなければなりません。

 

・部下の話を傾聴する

・表情など非言語のメッセージ性を理解する

・普段から威圧感を与えないように接する

・部下の悩みに共感し、理解する

 

部下の気持ちを考えながら接することができれば、きっとラポールを築くことができるでしょう。

 

周りの人ともラポールを築く

なお、ラポールは上司・部下との間だけではなく、同僚や恋人、友達などの間でも意識して築いた方が良いといわれています。

 

仕事がつらいときや、何かトラブルが生じてしまったとき、こちらの身を案じ相談に乗ってくれるかもしれません。

 

そのためには、感謝の気持ちを伝える、自分勝手な発言・行動は控えるなど、日々の自身の「行い」が重要です。

 

僕も忘れがちなのですが、「やってもらって当たり前」という考え方ではなく、「何気ないことに感謝する」気持ちで接することが大事かもしれません。

 

なお、良い習慣づくりに関しては、こちらの本が参考になりますのでよければチェックしてみてください。


 

身体に不調が出るほどのストレスからは逃げてもOK

今回は、ストレスとの正しい付き合い方について解説しました。

 

・ストレスで生まれる致命傷を避ける

・ラポールの重要性を把握する

・不調のサインを見逃さずにストレスケアをする

 

能力やストレス耐性は人によって異なるため、もしメンタルの調子が崩れてしまってもこれは本人だけのせいではありません。

 

環境を変えることで、自分の短所ではなく自分の新たな魅力に気づくことができるようになるかもしれません。

 

また、もし今の状況がどうしてもつらいという場合、転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

相談するだけでも自分の気持ちが整理できるので、もしよければ利用してみてください。

 

僕自身も負のループに陥ってしまうことが多いので、一緒に前を向いて生きていきましょう。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA