頑張っても無駄?仕事の成果が上がらないときに確認したいこと

今の仕事、いくらやっても成果が出ない…

周りの人と同じような仕事量がこなせない…

 

頑張っても成果が出ないとき、いろいろな解決策を考えて実践するものの、なかなかうまくいかずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

でも、簡単には結果が出るようなことはなく、半年や1年、はたまた5年など、多くの時間が必要になることも少なくありません。

 

今回は、仕事で成果が出ないときに意識する考え方や、具体的な改善方法などについて、実体験をからめて書いていきます。

頑張ることに固執しない

どんなことでも「やればできる!」みたいな根性論を振りかざす人も少なくありませんが、「マニュアルがあるからできるでしょう?」と正論を武器に人を責める人は意外に多いように思えます。

 

電話応対や資料作成など、マニュアルがあってどんな人でもできると思われている仕事でも、それができないのがADHDです。

 

僕が普段やっている編集作業は、文章を書いたり直したりするような作業がメインで、一定の注意力・集中力が必要です。

 

誤字・脱字が多いうえに、作業の途中で気が散ってしまうことも多く、一人オフィスに残って残業をすることも少なくありません。(リモートワークになっても変わりません…)

 

職場の人もキャパオーバーで、指導体制も整っているとはいえない状況の中、がむしゃらにただ作業をこなすだけの日々。

 

少しずつ要領がわかるようになってきたはものの、結局大きな改善にはいたらず、先輩からのパワハラなどもあって適応障害と診断されてしまうことになります。

【適応障害体験記】適応障害の症状やつらさとは?

今では業務量が見直され、寛解に向けて無理のない範囲で仕事をしていますが、今でも無理をすると胸が苦しくなったり、熱や倦怠感が出たりするので、単にがむしゃらにやってはダメということをあらためて学びました。

 

本当にやりたい仕事なのかどうかを問いかける

求められている成果を出せていない日々が続いていると、そもそもこれが本当に自分がやりたいことだったかどうかさえわからなくなってしまいますよね…

 

今の仕事でミスが続いてしまうと、まるで自分のことを否定されてしまったかのような気持ちになってしまいます。

 

一般的に、仕事は成果を出して評価されるものなので、成果を出せずにいると自分の居場所もどんどんなくなっていき、最終的には辞めざるを得ない状況に陥ってしまうことも少なくありません。

 

自信が持てない、やる気が起きないという状況なら、自分が今やっている仕事についてもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

・就活のときに苦労して入った会社だから辞めたくない

・親や友達に心配かけたくない

・スキルも経験もないし、やりたいこともない

 

今の仕事で何か達成したい目標があれば、辞めずに続けた方が懸命です。

 

しかし、もし上記のような後ろめたい理由で今の仕事を続ける場合、それなりのリスクを負うことになるかもしれません。

 

日々の仕事に身が入らなくなりますし、会社に行くのもおっくうに感じるようになるかもしれません。

 

理想の仕事を探す必要はある?

理想の仕事に就きたいと考えても、そう簡単には見つかりませんよね。

 

さらに、理想の仕事や職場を探すことに時間をかけすぎてしまうと、仕事に対する幸福度が下がるといわれています。

 

また、仮に独立・起業したとしても、それが本当に自分のやりたいことでなければ途中でモチベーションがなくなるかもしれません。

 

そのため、今の仕事や職場が我慢できないほど悪いものではなく、身体に何らかの症状が出ていなければ、今の仕事を辞めずに方向性を変えるという方法を取ってみてはいかがでしょうか。

 

①身体と心を休めて自分の気持ちを紙に書き出す

②今の職場や仕事で変えられるところがないかを上司に相談する

③休みの日を利用して転職活動を始める

 

「過度な残業を押しつけられている」「休日出勤が当たり前」など、人によって状況はそれぞれ異なります。

 

そのような中でいきなり大きな決断をするのはあまりおすすめできませんので、まずは身体と心を休めてから行動に移してみてくださいね。

 

頑張っていることを認める

つらい状況にいると、自分のことが嫌いになり、何もかも投げ出したくなるようなこともたくさん出てきますよね。

 

実際、僕も仕事で怒られたりミスをしてしまったときは、好きな漫画を読んだり、近所を走ったりしてなるべく嫌なことを忘れるようにしています。(それでも頭の中はミスや嫌いな上司のことでいっぱいです…)

 

しかし、仮にミスをして上司に怒られてしまっても、今までやってきた努力や工夫がなかったことにはなりません。

 

・タイムアタックやタスクの見直しなどの工夫を行っている

・体調管理に気をつけながら手を抜かずにやっている

・言い訳をしないでちゃんと謝ることができた

 

プライドを捨てて、がむしゃらになって仕事をしてきた自分を認めてあげるようにしてくださいね。

 

どんな仕事でも経験としてストックされる

誰でも最初からできる人なんていませんし、成長のスピードも人それぞれです。

 

一度で理解できる人もいれば、10回教わらないと理解できないという人もいます。

 

ビジネスでは、短期間のうちに結果を求められることがほとんどです。

 

今の自分にできることを続けてみて、それで本当にダメなら、そのときが仕事を変える時期かもしれません。

 

疲れていると、自分がやってきた努力や頑張りなどに目を向けられなくなってしまいがちですが、ちゃんと自分の経験として蓄積されています。

 

そのためにも、まずは自分のことを認めてあげて、そこから打開策を考えていきましょう。

 

頑張るだけでなく身体のケアも忘れない

早く寝ないといけないのにベッドの中でスマホを見てしまったり、夜中に部屋の掃除をしてしまったりするなど、疲れているのに「なんでこんなことをしてしまうんだろう?」と思うようなことをしたことはないでしょうか?

 

これは、ストレスによって脳が正常に機能しなくなっていることが原因として考えられます。

 

脳の中には前頭前野という箇所があり、これによって人は普段理性を保っています。

 

しかし、ストレスが大きくなるとこの前頭前野が疲れてしまって休んでしまうようになり、今度は代わりに扁桃体という部位が働くようになります。

 

この扁桃体が司っているのは、理性ではなく感情です。

 

間食や夜更かしなど、自分が気持ち良くなる行動をそのままやってしまうようになり、これによって貴重な睡眠時間が削られてしまうようになります。

 

大事な身体なので、きちんといたわるためにもストレスを溜めない生活習慣を整える必要があるといえるでしょう。

 

朝散歩や軽いジョギング

ストレス解消の方法は人によって異なりますが、身体を動かすことは、ストレス解消と不眠改善の両方に効果があるとされています。

 

たとえばデスクワークの方の場合、疲れているのにも関わらずなかなか寝付けないということはありませんか?

 

これは身体ではなく脳が疲れを感じていることに原因があります。

 

メラトニンとセロトニン

人は【メラトニン】というホルモンが分泌されないと、スムーズに眠りに入ることができないといわれています。

 

このメラトニンは【セロトニン】が変化してなるものであり、このセロトニンは主に運動することで分泌されます。

 

そのため、セロトニンをたくさん分泌させ、メラトニンに変えていかなければなりません。

 

軽めの運動がポイント

スムーズに眠りたいと考えている場合には、軽めの運動をすることが重要です。

 

自律神経も整うようになるので、散歩やジョギングなど軽い運動から始めてみてはいかがでしょうか。

 

ただし、寝る直前に運動をすると身体が覚醒し、かえって眠りづらくなります。

 

生活スタイルによって難しいところもあるかもしれませんが、なるべくなら朝の時間帯に行うのがベストです。

 

慣れていけば運動の時間や回数を増やすことができるので、無理のない範囲で取り組んでみてくださいね。

 

頑張ることをステータスにしない

今回は、仕事で成果が出ないときに意識する考え方や、具体的な改善方法などについて書いてみました。

 

・がむしゃらにやらない

・自分のやってきた努力を見直し、ジョブクラフティングなどを実践しながら改善させていく

・定期的にストレスを解消させつつ、転職活動を始める

 

仕事の成果が出ないと焦ってしまいがちですが、人は短期間で成長することはなく、環境が合わないことが原因で行き詰ってしまうことも少なくありません。

 

場合によっては地道な努力も必要ですが、身体が一番の資本なので、「なんかちょっと疲れているかも?」と思っているときはダラダラ過ごすことも大事だと思います。

 

僕自身、転職やフリーランスへの道のりを探し続けている最中なので、一緒に無理なく取り組んでいきましょう。

 

また、こちらの本も参考になりますので、よければチェックしてみてくださいね。


 


 

一人でも多くの人が働きやすい環境で働けますように。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA