苦手な仕事も集中して取り組める!ACTの重要項目【コネクト・ウィズ・モーメント】とは?

今月の目標が未達なのにどうして集中できないんだろう…

好きな趣味なのに全然没頭できない…

 

やりたいこと、やらなきゃいけないことに対し、集中して取り組めないことも少なくありませんよね…

 

特に体調が悪いわけでもなく、「いつからこんな風になったのだろう?」と思い悩む方も多いのではないでしょうか?

 

今回は嫌な仕事でもこなしたい、自分のやりたいことに集中したいという方に向けて、ACTコネクト・ウィズ・モーメントを紹介していきます。

 

認知行動療法のひとつでもあるACTの大事な部分なので、よければ最後までお付き合いくださいね。

ACTのコネクト・ウィズ・モーメント

体調不良・メンタル不調の場合は除き、目の前にある仕事に集中できない人は、余計なことに集中力がもっていかれていることがほとんどです。

 

抑うつ状態や倦怠感などの症状が強く出ていると、寝て起きることすら大きな労力がかかります…

 

ネガティブな思考や感情(シンキングセルフ)にとらわれてしまうと、好きな趣味にも興味を持てなくなってしまうでしょう。

 

逆に、嫌いな仕事でも興味を持つことができれば、時間を忘れて没頭することができるかもしれません。

 

なお、シンキングセルフについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、もしよければ併せてご覧くださいね。

 

ACTの重要項目「オブザービングセルフ」とは?

 

マインドフルネスとの違い

ACTは、今この瞬間に集中するというマインドフルネスに通じるものもありますが、ACTの場合は自分の経験を受け入れつつ、行動に移すことが重視されます。

 

さらに、ACTは「有効性至上主義」なので、役に立つか立たないかという点で物事を判断します。

 

一方マインドフルネスは、判断せずにどんな感情や思考も受け入れ、その場で瞑想するのがメインとなりますが、ACTはマインドフルネスを使いそこから実際に行動することに重きを置いています。

 

・マインドフルネス→自分の呼吸や手先など、なにかひとつのことに意識を向けて瞑想する

・ACT→マインドフルネスを媒体にして実際に行動する

 

上記のような違いがあり、ACTは行動ベースの心理療法ということがあらためてわかります。

 

コネクト・ウィズ・モーメントのポイント

それでは実際に、目の前にある作業に集中することができるようになる「コネクト・ウィズ・モーメント」を実践してみましょう。

 

ポイントは「コネクト(つながる)」で、周りの環境や自分の身体など、一つひとつのことに注意を向けて自分自身の集中力を高めていきます。

 

仕事や家事の中にある「ひとつのことに」注意を向ける

たとえば仕事や家事など、やりたくない作業を行っているとき、「仕事・家事全部が面倒」と感じてしまいがちです。

 

このとき、嫌な思考や感情が出てきた場合にはディフュージョン(嫌な思考を切り離す作業のこと)を行って切り離し、「目の間前にある作業」に意識を向けます。

 

僕の場合、普段の仕事が面倒な作業にあたるのですが、仕事が面倒だと感じたときはキーボードの打鍵音に集中しています。

 

仕事そのものに注意を向けるのではなく、あえてキーボードに意識を向けてネガティブな感情を軽くしています。(完全にはなくなりません…)

 

また心理学の勉強をする場合、もし勉強そのものに飽きてしまった場合にはペンのやわらかさやノートの質感などに意識を向けています。

 

いろいろなものに「コネクト」することで、嫌な感情を一時的にやり過ごすことができるようになり、次第に面倒な作業でも集中できるようになっていきます。

 

いきなり実践するのは難しいですが、少しずつ意識して、集中力を上げてみてはいかがでしょうか。

 

コネクト・ウィズ・モーメントで先延ばしも防止できる

これまで手をつけずに放置してきたものや、苦手分野の仕事など、やらなければならないものに目を背け続けてしまうことも少なくありません。

 

僕の場合、転職活動やフリーランスになるための準備などが挙げられます。(日々の忙しさを言い訳にしていてはダメですね…)

 

しかし、いつかはやらないと自身の後悔につながるため、自分にとって逃げていたものに自分の意識をすべて向けていき、余計なことを考えずに没頭するのが重要です。

 

嫌な物事につながるときの注意点

人は苦手なことや面倒なことに対してはやる気が出ず、嫌な感情や思考もたくさん出てくるものですが、そのときは今までやってきた3つの取り組みを行います。

 

①嫌な物事につながる

②嫌な感情や思考が出てきたら脱フュージョンを行って切り離す

③切り離した感情はエキスパンションを行って居場所を作り、しばらくの間放置する

 

上記を繰り返すことで、次第に集中力が上がっていき、面倒な作業も比較的短時間で終わらせることが可能です。

 

これは筋トレと同じようなもので、実践した回数の分だけ集中力も上がっていきますので、無理のない範囲で取り組んでいきましょう。

 

できれば20分ほど、慣れればさらに長い時間取り組めるようになります。

 

避けていた仕事や作業に没頭できる時間が増えれば増えるほど、自分のやるべきことに集中できる時間も増えていきます。

 

集中する時間が増えれば人生の幸福度も上がっていくといわれているので、集中力の向上のために、コネクト・ウィズ・モーメントを一度実践してみてはいかがでしょうか?。

 

コネクト・ウィズ・モーメントで必要な集中力を高めよう

今回は、仕事でや家事で必要な自身の集中力を高めることができる、ACTのコネクト・ウィズ・モーメントについて解説しました。

 

・さまざなものに「つながる」感覚を持つ

・面倒な作業や逃げ続けてきたものにつながる

・コネクト、ディフュージョン、エキスパンションの3つの流れを意識する

 

正直いって、嫌な仕事や自分が逃げ続けてきたものに意識を向けるのは非常につらい作業といえます。

 

だけど、本当に手に入れたいものは、不快感の先にあるものがほとんどです。

 

筋トレやランニングがこれまで続けられているのも、「疲労」「面倒臭さ」などの不快感よりも「ストレス解消」「健康な身体」といったものが手に入るからだといえます。

 

今の仕事から早めに脱出できるように、そして自分の人生をもっと豊かにできるようにするためにも、集中力を高めていこうと思いますので、僕と同じように考えている方は一緒に取り組んでいきましょう。

 

・逃げ続けてきたものにつながる時間=自分が何かに没頭できる時間

 

上記の言葉を意識しつつ、無理のない範囲で楽しみながら実践していきましょう。

 

また、よければこちらの本もご覧になってみてくださいね。

 

 


 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA