【適応障害体験記】適応障害の症状やつらさとは?

残業が続いて全然休めない…

会社に行かないといけないのに、ベッドから起きられない…

 

体調不良が続いたとき、多くの方は近所の病院に行ったり、市販の薬を買って治すかと思います。

 

僕もその中のひとりで、体調が悪くなったときは市販薬を飲み、様子を伺うようにしています。

 

しかし、実際には市販薬だけではさほど良くならず、微熱や倦怠感がまったく取れないことも少なくありません。

 

そのような場合、メンタル疾患のおそれがありますので、心療内科に通ってみてはいかがでしょうか。

 

今回は、僕自身が診断された適応障害の概要や症状、治療法などについて書いてみます。

適応障害とは

適応障害とはメンタル疾患のひとつで、特定の環境・要因により、ひどく落ち込んだり何も手がつかなくなってしまう病気のことを指します。

 

うつ病と同じような症状があられますが、大きな違いは【症状が出る原因がはっきりとしていること】というのが挙げられます。

 

うつ病は日常生活全般でその影響がおよびますが、適応障害はストレスの原因から離れれば回復します。

 

そのため、周りからは【元気なのになんで病気なの?】【単なる甘えでしょ?】と責められてしまうことも少なくありません。

 

僕の場合、仕事をしようとすると気分が悪くなるほか、扁桃腺が腫れる、じんましんが出るなどの症状が出ました。

 

特にパワハラ上司のことを考えると胸がギュッと締め付けられ、何もできなくなってしまうのです。

 

診療内科に行った結果適応障害と診断され、それと同時に休職するようにと医師から言われましたが、会社の都合により休職せず働くことになります。

適応障害の具体的な症状

人によって症状は異なりますが、先述したように僕の場合は吐き気や倦怠感、集中力や注意力の低下などが挙げられます。

 

どれもしんどいものですが、特に集中力が続かないことに苦労しています。

 

今までならこなせていた仕事も、集中力が低くなるとほとんどできなくなってしまいます。

 

作業に疲れては休憩し、身体を回復させて再び作業を再開するといったサイクルなので、必然的に作業量と作業時間が減るのです。

 

ひどいときには突然心がつらくなって泣き出しそうになることもあり、それをこらえて再び作業に戻ることも少なくありません。

 

適応障害の治療法

効果的な治療法は【ストレスの原因から離れる】【身体と心を休ませる】ことです。

 

・家族が原因なら一人暮らしを始める

・パートナーが原因なら実家に帰る

 

それぞれ違った対処が必要になり、回復に必要な時期もわかりません。

 

しんどい状況には変わりありませんが、自分でも無理をしないように日々の仕事に向き合っていこうかと思います。

 

今現在、なにか身体の調子がおかしい、だけど内科に行ってもよくならないといった方は、一度心療内科に通ってみてはいかがでしょうか。

 

自分にはわからないことでも、プロの医師であれば診断することができます。

 

適応障害に限らず、うつ病やパニック障害などの可能性もありますので、少しでも違和感がある方は相談してみましょう。

 

敷居が高いようなイメージもありますが、行ってみれば普通の病院と大差ありません。

 

不安に感じることはほとんどありませんので、まずは一度連絡をしてみることをおすすめします。

 

適応障害は他人事じゃない

今回は、僕自身がなった適応障害について書いてみました。

 

・仕事が原因で起こる症状

・長時間残業やパワハラなどで発生することが多い

・休職が基本だが、できないときは無理をせずに業務量を調整してもらう

 

メンタル疾患は誰にでも起こる症状で、僕も「まさか自分が?」と思ってしまいました。

 

身体の症状が出る前に、休養を取って体調管理するのが重要です。

 

「最近少し変だな?」と思う方は、あまり自分を思い詰めず、苦労が美徳だなんて思わずに休んでくださいね。

 

またこのような本も参考になりますので、もしよければチェックしてしてみてください。

 


お忙しいところご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA